カムカムエヴリバディ

2021年度後期朝ドラ『カムカムエヴリバディ』感想,あらすじ,ネタバレ

当ブログ運営者の朝ドラベストワンは『ちりとてちん』です。

そして『ちりとてちん』を手掛けた脚本家・藤本有紀先生による朝ドラをもう一度鑑賞することが切なる願いでした。

その願いがついに叶いました!

令和3年(2021年)朝ドラ『カムカムエヴリバディ』あらすじとレビュー

ブログ主がこよなく愛する朝ドラ『ちりとてちん』。

本作を手掛けた脚本家の藤本有紀先生は、本作制作発表時に次のようにコメントされました。

「いつか二度目の連続テレビ小説を書かせていただく機会に恵まれたなら、きっと書こうとあたためていた題材があります。それが「NHKのラジオ英語講座」です。」

藤本有紀先生が朝ドラのためにあたためていた企画が満を持して実現します!

『カムカムエヴリバディ』あらすじ

この物語のヒロインは3人。祖母の安子。母のるい。そして、その娘のひなた。昭和、平成、令和の3つの時代を駆け抜ける祖母、母、娘の3世代の親子それぞれが物語のヒロインになる、3人のヒロインが織りなす100年にわたるストーリー。

第二次世界大戦が終結。夫と死別した安子は娘のるいを日本に残したまま一人渡米。安子にはそれしか生きる選択肢がなかったものの、娘のるいは母・安子の気持ちが理解できませんでした。そしてるいは、母と、母を奪った英語を憎むことに。

そんなるいの支えになったのは、ジャズソングの世界でした。るいはジャズソングに没頭する中で自分の人生を切り開き、やがて結婚。るいの娘は、時代劇の世界を目指しながらも、たどり着いたのは祖母の安子と母のるいも親しんだラジオ英語講座でした。

祖母の安子。母のるい。娘のひなた。3人のヒロインが駆け抜けた時代は、昭和、平成、令和。それぞれが自分の人生を生きた土地も、京都、岡山、大阪。時代も土地も異なれど、3世代のヒロインは、ラジオ英語講座とともにそれぞれの人生を歩むのでした。

Sponsored Link



コメントへの返信 by 朝蔵

ヒロインが発表(二代目魁光さん)
森田芳光監督の『(ハル)』が大好きだったので、まさかの深津絵里さんのヒロイン起用に感激しています。

ヒロイン3名(ひるたまさん)
上白石萌音ちゃんは前作『エール』で姉妹で『モスラ』を期待していたのですが、まさかのヒロインでした。

英語も上手い(boxster981さん)
彼女は英語も上手なんですか!?

朝ドラのヒロイン(boxster981さん)
ヒロインロスを3回も経験することになりそうです。

歴代2位?(文月さん)
夏木マリさんもいるので歴代3位でしょうか。

『カムカム…』が6作目(ひるたまさん)
深津絵里さん、これだけのキャリアがあってNHK作品は6作目って意外に少ないですね。

最年長ヒロイン(文月さん)
ありがとうとうございます!これは貴重なデータです。

深津絵里さんのNHK出演が少ない原因(文月さん)
考えられる事情ですね。

地方のテレビ局だと特定の局の番組に出たタレントは他の曲の番組には出るのが難しくなる。

そんな空気があると聞いたことがあります。(かなり昔の話ですが)

トリプルヒロイン(たいとうみほさん)
このコメントがメールでいう「迷惑フォルダ」のところに入っていて気がつくのが遅くなりました。

大阪局のチャレンジ精神が大好きです。とりわけ本作のチャレンジングぶりは尖ってますね。

岡山編の新キャスト発表(二代目魁光さん)
ありがとうございます!

いよいよ動き始めましたね。

期待はできるメンバー(文月さん)
詳しい解説ありがとうございます。

脚本家の先生も期待できるので、期待大の作品です。

甲本雅裕さんがベストな父親役(さん)
話がそれますが、甲本雅裕さんの初の主演映画『高津川』の東京での公開がなくなってしまいガッカリしていたところでした。

朝ドラで甲本雅裕さんと出会えるようで感激です。

最初松たか子さんに来てたみたい(左門さん)
そうだったんですか!?

実現しなくて残念です。

Sponsored Link



『カムカムエヴリバディ』レビュー

2021年度前後期朝ドラ『カムカムエヴリバディ』が発表された際、ブログ主は飛び上がらんほどに感激しました。

感激したポイントは以下の3つです。

【1】脚本が『ちりとてちん』の藤本有紀先生の作品だから

すでに上にも述べたとおりです。ブログ主は『ちりとてちん』が大好きです。そして藤本有紀先生の朝ドラを観ることが願いでした。

この願いが叶ったのですから、感激もひとしおです。

【2】大阪局制作では『ごちそうさん』以来のオリジナル作品

ブログ主は、当ブログが最初にフォローした『ごちそうさん』も大好きです。そして『ごちそうさん』を手掛けた大阪局の朝ドラが大好きです。

そんなブログ主は待ち望んでいました。大阪局による史実をモチーフにしていないオリジナルドラマを。その願いもやっと叶いました。

【3】大阪局ならではなの「朝ドラ史上初」へのチャレンジ

大阪局の朝ドラの魅力の一つは「朝ドラ史上初」へのチャレンジです。

朝ドラ史上初の青い目のヒロイン『マッサン』。
朝ドラ史上初の江戸時代スタート『あさが来た』。

などがその例です。

大阪局が「朝ドラ史上初」にまたしてもチャレンジしてくれました。

当ブログで朝ドラをフォローするようになって以来、本作ほど放送開始が待ち遠しい作品は初めてかもしれません。

『カムカムエヴリバディ』主要キャストとスタッフ一覧

[2021/04/20 更新][2020/07/28 投稿]

三代のヒロイン

橘安子・・・・・・・・・上白石萌音
ヒロイン、祖母


橘るい・・・・・・・・・深津絵里
ヒロイン、母


橘ひなた・・・・・・・・川栄李奈
ヒロイン、娘


ヒロインの家族

橘金太・・・・・・・・・甲本雅裕
安子の父。和菓子屋「たちばな」の二代目。

橘小しず・・・・・・・・西田尚美
夫の金太とともに和菓子屋「たちばな」の店頭に立つ。

橘算太・・・・・・・・・濱田岳
安子の兄。和菓子屋「たちばな」の跡取りの修行に興味を持てず父と対立。

橘杵太郎・・・・・・・・大和田伸也
和菓子屋「たちばな」の創業者。孫の安子にだけは甘い。

平川唯一・・・・・・・・・鷲尾真知子
和菓子屋「たちばな」のあんこの原点をつくった。

ラジオ英語講座「カムカム英語」

平川唯一・・・・・・・・・さだまさし
ラジオ英語講座「カムカム英語」の人気講師。

岡山の登場人物たち(安子の時代)

雉真千吉・・・・・・・・・・段田安則
雉真(きじま)繊維の社長、地元の名家の当主。

雉真美都里・・・・・・・・・YOU
千吉の妻。

雉真稔・・・・・・・・・・・松村北斗
千吉の長男。家業の海外展開を志し英語が堪能。

雉真勇・・・・・・・・・・・村上虹郎
千吉の次男。甲子園を目指す野球少年。

雉真雪衣・・・・・・・・・・岡田結実
雉真家の嫁。

村野タミ・・・・・・・・・・西川かの子
雉真家の女中。

神田猛・・・・・・・・・・・武井壮
帝国海軍主計中佐。雉真繊維の製品品質を高く評価している。

水田きぬ・・・・・・・・・・小野花梨
安子の幼なじみにして親友。安子の実家「たちばな」と同じ商店街にある豆腐屋「水田屋とうふ」の娘。

水田卯平・・・・・・・・・・浅越ゴエ
きぬの父。豆腐屋「水田屋とうふ」の店主。

柳沢定一・・・・・・・・・・世良公則
ジャズ喫茶「Dippermouth Blues」のマスター。

柳沢健一・・・・・・・・・・前野朋哉
定一の息子。父のジャズ喫茶の手伝いをしている。

赤螺吉兵衛・・・・・・・・・堀部圭亮
安子の実家「たちばな」と同じ商店街にある荒物屋「あかにし」の店主。あだ名は「ケチ兵衛」。

こわもての田中・・・・・・・徳井優
ヒロインの実家、橘家に押しかけてくるこわもての借金取り。

ロバート・ローズウッド・・・村雨辰剛
進駐軍の将校。ロバートとの出会いにより安子は転機を迎える。

大阪の登場人物たち

小川澄子・・・・・・・・・・紺野まひる
大阪に行った安子が現地で出会う主婦。「カムカム英語」を聴くのが日課。

小椋くま・・・・・・・・・・若井みどり
大学に進学する雉真稔の大阪での下宿先「おぐら荘」の大家。

作り手の方々

脚本・・・・・・・藤本有紀
音楽・・・・・・・金子隆博

『カムカムエヴリバディ』放送予定

2021年(令和3年)後期

▼総合
・月〜金 午前8:00〜8:15 / 午後0:45〜1:00

▼BSプレミアム
・月〜金 午前7:30〜7:45 / 午後11:30〜11:45

『カムカムエヴリバディ』感想,あらすじ,放送日

以下、放送日が確定次第、記載します。

第1週「」
第1話
第2話
第3話
第4話
第5話

POSTED COMMENT

  1. 文月 より:

    Instagramで、上白石萌音さんが、お菓子司たちばなのセットを見せていますね。
    「おちょやん」が先日撮了を迎えたこともあり、「カムカムエヴリバディ」の撮影も本格化するのでしょう。
    ということは、岡山ロケもそろそろするんでしょうか。
    もっとも、3月に、滋賀県で「カムカムエヴリバディ」のロケ目撃情報もあるようなので、岡山城とか岡山でしか撮れない絵以外は関西のどこで撮影するのか神出鬼没ですが。

  2. 左門 より:

    深津絵里さんの役は、最初松たか子さんに来てたみたいですが
    フジの4月からのドラマと被り断念されたとか
    いつか松たか子さんの朝ドラ出演みてみたいですね

  3. 二代目魁光 より:

    新キャストに「カムカム英語」のカムカムおじさん役がさだまさしさんと発表されました。

    https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/445198.html

    まさかの主題歌ではなく、出演者としてのウルトラCの配役です。

    まぁドラマの主軸となる最重要人物なので痺れる超大物キャスティングになりましたね!

  4. 名乗る程のものではございません より:

    岡山県が舞台なので岡山県出身の甲本雅裕さんがベストな父親役ですね。
    甲本雅裕さんの兄はクロマニヨンズの甲本ヒロトさん。日本でパンク曲を身近にしたTHE BLUE HEARTS、大好きでした、腐るほど聴きましたしカラオケでもめちゃめちゃ歌いまくりました。

  5. 文月 より:

    新キャストのメンバーをみると,期待はできるメンバーだと思います。
    松村北斗は,歌手デビューこそ昨年ですが,いくつかの佳作ドラマ・映画に出演し,もうすぐ,森七菜とのW主演の映画が公開されます。
    村上虹郎は,二世タレント(村上淳とUAの子)ですが,映画等で数々の賞を得ている実力派で本も出しています。
    岡田結実は,二世タレント(岡田圭右(ますだおかだ)の子)ですが,オスカー退社後も,各社(WOWOW,読売テレビ)のドラマでも活躍しています。いまやっている「江戸モアゼル」の主役もよく演じています。ちなみに,売れるようになってから父親の存在をオープンしたと伝えられています。
    小野花梨も,子役でいろいろな佳作ドラマ・映画に局に偏らず出演しており,昨年の永野芽郁で,同級生役でいいtころを見せてました。
    たのしみです。

    ・・・「おかえりモネ」の方の情報が最近あまり出てませんが,近々あるTwitterの更新(「エール」⇒「おかえりモネ」)のタイミングでリリースされるのでしょうか??

  6. 二代目魁光 より:

    第一部、岡山編の新キャスト発表です!

    https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=27754

    注目はメインキャストのジャニーズ進出が前作に続いて目立ち始めたことですが、何気にYOUさんは朝ドラ初出演ですね。

    今作の板尾さん、篠原さん。「カムカム」のYOUさんの「ごっつええ感じ」のメンバーの朝ドラ進出が目立ちますね(笑)

    恐らく近いうちに「おかえりモネ」の東京編のキャスト発表も控えるでしょう。いよいよ後続2作品が一気に動き出しますね!

  7. 文月 より:

    深津絵里さんのNHK出演が少ない原因の大きな部分は、織田裕二との人気ドラマ「踊る大捜査線」の影響のように思います。
    いまはともかく、織田裕二と深津絵里のペアが売り物でもあったわけで、フジテレビの看板女優のようになってしまったことで、相対的にNHKは出にくくなったのかもしれませんね
    (フジテレビからのオファーが途切れなくて他局に出にくいとか、色が付いていてNHKが使いにくいとか・・)
    いまは、NHKも民放の番組をバンバン番組内で紹介するようになりましたから、深津さんのような経歴は少なくなるようには思います。

  8. 文月 より:

    朝蔵さんのコメントのとおり、夏木さんを忘れていました。最年長ヒロインを大雑把にまとめると以下の様ですね(年齢は、ドラマ開始時点の年齢)
    乙羽信子 59歳6月 おしん(72話分)(1年企画)
    夏木マリ 59歳5月 カーネーション(24話分)
    深津絵里 48歳9月 今回
    山本陽子 48歳7月 京、ふたり(畠田理恵とのWヒロイン)(通期ヒロイン最年長)
    藤山直美 47歳3月 芋たこなんきん(単独ヒロイン最年長)

    初登場の時点で比べると、1位と2位の差、3位と4位の差はひらくことに

    ここで、注目は、おしん以外すべて大阪制作ということ。
    これからも、大阪制作は年長ヒロインが出て来そうです。
    東京制作は、若手女優に注目ですが、大阪制作は中堅どころのヒロインが今後もありそうな予感
    安藤サクラ 33歳8月 まんぷく
    戸田恵梨香 31歳2月 スカーレット
    も大阪制作ですね。

  9. 名乗る程のものではございません より:

    松井玲奈さんと加弥乃さんからのAKB48朝ドラ出演のバトン、今作後半と次作は未定ですが確かに川栄李奈さんに繋がりましたね。しかも新しく朝ドラヒロインバトンが出来ましたね。

    • 水野誠 より:

      大島優子さん忘れないでくださいね。あさが来た、カーネーションと光ってます。

    • 水野誠 より:

      間違えました、スカーレットでした。カーネーションは古すぎましたね。

  10. ひるたま より:

    朝蔵さん、ありがとうございます。(乙羽信子さん(『おしん』ヒロインの晩年パート)の事をすっかり失念していました…!)

    ところで、ヒロイン3名のうちおそらく出演期間(場面)が最も多くなりそうなのが母親(るい)役の深津絵里さんかな?という気がしています。(あくまでも私見ですが)
    その深津絵里さんですが、ざっくり調べてみた所NHKドラマへの出演歴は意外と少ないようですね。『カムカム…』が6作目になるようです。前回の出演作は2003年制作だったようで…正に満を持してのNHKドラマ(それも朝ドラ)主演ですね。(^^)

  11. たいとうみほ より:

    子役・本役・老け役、というトリプルヒロインだと「すずらん」柊瑠美→遠野凪子→倍賞千恵子「カーネーション」二宮星→尾野真千子→夏木マリ「おひさま」八木優希→井上真央→若尾文子など、今思いつくだけでも結構ありましたね。女性の一生を描くという事で年相応の役者さんを充てる事になるのかもしれません。独身時と結婚後で別の人がやったのは「春よ来い」安田成美→中田喜子、ですが、これは安田さんと橋田センセの間に何かあって降板したとか、不穏な話があってのピンチヒッターだったと記憶しています。

  12. 文月 より:

    追伸
    今回のヒロイン、3人全員、大河ドラマの経験者というのも珍しいかと

  13. 文月 より:

    ヒロインは、いろいろと珍しい選択になりましたね
    深津絵里さんは、山本陽子、藤山直美を抜いて、歴代2位?(最年長は、おしんの乙羽信子)
    山本陽子、藤山直美そして今回と大阪制作なのは縁ですかね
    川栄李奈さんは、2人目のママさんヒロイン
    アイドルグループ出身のヒロインも、畠田理恵、葵わかな以来、こちらも大阪制作ばかり
    上白石萌音さんは、東宝シンデレラ出身の久々のヒロインですね。
    沢口靖子、斉藤由貴、田中美里以来になります。
    三人ヒロインは、おしん以来。ただし、おしんは3人で同じ役のリレーでしたが。
    いろいろと楽しみす

  14. boxster981 より:

    モスラの歌でもイチ押ししました上白石姉妹の姉、萌音さんが遂に朝ドラデビューとなりました。予想通り、いや、ほぼ希望通りです。姉妹揃ってとはならなかったけれど、英語も上手いから適役なんじゃないかい!?まさかリードオフの祖母役とは思わなかったけれど、おめでとう!

  15. ひるたま より:

    今日(2020年12月24日)のニュースで、今作のヒロイン3名が発表されました。
    祖母(安子)役:上白石萌音さん
    母親(るい)役:深津絵里さん
    娘(ひなた)役:川栄李奈さん
    という事で。
    (3名のうち、上白石さん&川栄さんはオーディションで、深津さんはキャスティングでの決定だったようです)

    深津絵里さんは現在47歳。放送開始時には48歳になられるという事で『芋たこなんきん』でヒロインを演じられた藤山直美さんの記録を更新…という事になりますね。(もっとも単独ヒロインという条件をつければ、藤山さんの記録はそのままですが)

    単独でクレジットされる昭和生まれのヒロインは『スカーレット』の戸田恵梨香さんが最後になるのでしょうか。それとも…?(『芋たこなんきん』のような作品が今後制作される可能性もゼロとは言い切れない訳ですし)

  16. 二代目魁光 より:

    ヒロインが発表されましたね!

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201224-00000146-spnannex-ent

    正直3人とも予想外でした!
    どうせ朝ドラ常連組からの起用じゃないの?と思ってましたが…(笑)

    小芝さんと松本穂香さんのヒロイン抜擢はまだ先のようです。

  17. 文月 より:

    藤本有紀さんの台本だと,最近よく見かけるのが,成海璃子さんなのですが,今度はどうでしょう。
    大河ドラマ「青天を衝け」の出演が決まっているので,難しいのかな??
    「るい」あたりがハマるかなと思いますが。

コメントを残す