ちむどんどん

開店前日にトラブル発生 / ちむどんどん 第123回

2022/9/28(水)最終週/第25週「やんばる!ちむどんどん!」

あらすじ

暢子が実家で開店する郷土料理レストランのメニューが決まりました。暢子は、そば定食を看板料理にすることを決定。製麺会社の運天の協力を得て、カラキを練り込んだオリジナルの麺を開発することになりました。

それから半年後。村の人々の助けを借りながら、実家の店の増築工事がついに完了。開店日も決まり、暢子は店を「やんばるちむどんどん」という名前にしました。開店を目前にして、ついにオリジナル麺も完成しました。

「やんばるちむどんどん」開店前日。翌日の開店に向けて暢子たちが準備を進める中、工場の機械の故障により、オリジナル麺の製造ができなくなってしまいました。看板メニューの麺の納品が出来なくなる中、暢子は自分で麺を打つと決めました。

良子と歌子、和彦と石川と智、そして村のおばあたちが麺づくりに協力。翌日の開店に間に合わせるために麺づくりの作業が行われました。そして夜を徹しての作業で、翌日の朝には必要な百食分のオリジナルそばが完成しました。

<<前回122回 | 次回124回>>

最終週/第25週
ちむどんどん|感想あらすじネタバレトップページ
舞いあがれ!|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

感想

金吾くん

予告映像の中でその姿が登場した金吾くん。

彼の再登場を良子ちゃんが「予告」。

いよいよ明日の開店に合わせて、金吾くんがやって来るのでしょうか。

金吾くんが再登場するだけでも嬉しいことですが、彼が成功していたと知りさらに嬉しい。

ハワイに移住しパイナップル農園を成功させたとは。

自分の恋心よりも良子ちゃんの気持ちを大事にして、良子ちゃんと石川くんの前途を祝福しながら去って行った金吾くん。

その後は幸運に恵まれていたらしいことが何よりも嬉しい。

良子ちゃんのことを追いかけまわしていた頃は、地元の実力者の二代目のアホボンくらいにしか見えなかった金吾くん。

見た目とはうらはらに、考え方のしっかりとした青年だったのでしょう。

というか、考え方のしっかりとした青年だからこそ、成功を手に収めることができたのでしょう。

最終回近くなって、金吾くんをこのような形で回収されたことで、後味の悪くないエンディングを迎えることができるかもです。

ニーニー

最終回近くなってニーニーがやんばるの実家にやって来ることは事前にアナウンスされていましたが、ニーニーがやって来る動機がブログ主は心配でした。

ネタバレになりますが、徹夜の麺打ち作業で無理をし過ぎた歌子ちゃんは、明日、高熱を出して倒れてしまいます。

しかも、今回はかなり容態が悪いらしい。

歌子ちゃんが倒れたその後で、ニーニーが沖縄に駆けつける。

そんな順番の展開が事前にアナウンスされていたので、ニーニーがやんばるにやって来る目的は、熱がなかなか下がらなくなってしまった歌子ちゃんを見舞うためとばかり思い込んでいました。

千葉から沖縄まで家族が駆けつけるというのは、かなり容態が悪い証拠。

なのでブログ主は歌子ちゃんのことが心配でならなかったのですが、ニーニーがやんばるに来るのは「やんばるちむどんどん」が目的だったことを知り安堵しました。

ところで、ニーニーは清恵ちゃんと赤ちゃんも連れてくるのかな?

残り2回

『ちむどんどん』は残り2回。

明日は「やんばるちむどんどん」の開店。

そして、歌子ちゃんが高熱を出して倒れる場面。

明後日の最終回は、歌子ちゃんの回復を願って、暢子ちゃん、良子ちゃん、そしてニーニーが「あるところ」を訪問。

この展開から考えて、明日の回が過去の登場人物の回収の回になるものと思われます。

Sponsored Link



予習レビュー

沖縄やんばるに開業する暢子ちゃんの新たな店がいよいよ開店。

店名は「やんばるちむどんどん」。

今週のサブタイトル「やんばる!ちむどんどん!」は、店名によって回収されました。

沖縄やんばるに開店する「やんばるちむどんどん」の看板メニューは特製麺ということですが、これは沖縄そばのことなのでしょうか。

東京杉並の「ちむどんどん」の看板メニューは沖縄そばだったので、それを踏襲?

ところが、開店日までに特製麺が納品されないという事態に。

おそらく納入業者は智くんの会社かと。

すると智くんがポカをしてしまったのかな?

それはさておき、最終週のストーリーが発表されたとき、比嘉家が災難に見舞われるという記述がありました。

災難の詳細は伏せられていましたが、もしかしたら特製麺の欠品が災難?

あるいは最終回に、もう一つの大きなトラブルが発生するので、そちらかもしれません。

それはさておき、前回、房子さんが沖縄にやって来て優子さんにある人物を引き合わせるのだそうですが、その「ある人物」を演じるのは草刈正雄さん。

その「ある人物」は、今回は草刈正雄さんの名はクレジットされていません。

どうやら一回かぎりの登場のようです。

<<前回122回 | 次回124回>>

最終週/第25週
ちむどんどん|感想あらすじネタバレトップページ
舞いあがれ!|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. れいこ より:

    なぜオーナーをお見送りにいかなかったんですか?家事しながらなので何か見逃したのかな?

  2. 名乗る程の者ではございません より:

    バス追いかけるのって映画版「銀河鉄道999」で銀河鉄道に乗ったメーテルを追いかける鉄郎のパクリなのかな?

  3. 名乗る程の者ではございません より:

    今はだ~めよ、がまんなさって~♪
    (自身の肩を4回叩く)

    振り返ればなんでオレ水兵さんのイラストがデカデカとプリントされたあのTシャツ持ってたんだろ?買ったのは渋谷だったか原宿だったのかも忘れたけど、まあ関西では売ってなかったから着ていることで「東京へはもう何度も行きましたね」とアピールしたかったのかなあ?学生の時は
    社会人になればお仕事でそれなりに行くことになるのにね、三十路前には原宿や渋谷なんか行くことなんかなく帰りの新幹線で駅弁食ってビール飲んで爆睡して名古屋過ぎたあたりでアイスクリーム買いゆっくり食いながら大阪に帰っていたなあ、そのアイスクリーム作っている会社社長の奥さんが元おニャン子クラブメンバーのひとりと知ったのはまだ先の話ですが

    とつまんないことを思い出すのは昨日とはうってかわり通常の「ちむどんどん」に戻っちゃったからですかね

  4. オペラ座の怪人 より:

    オーナーがバスに乗って、
    出発した瞬間に、
    暢子が「オ~ナ~!」って言って、
    追っかけてきて、

    おいおい、
    ま~た、ちびっ子の頃みたいに、
    全くの個人的理由で、
    公共交通機関であるバスを「止める!」のか!?
    と思ったら、

    さすがに今回、
    バス、止まりまへんでした。

    ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  5. 還暦のたつお より:

    あの、バス走って追いかけるくらいなら最初から見送ってください。「フレンチコネクション2」や「最も危険な遊戯」じゃないんだから。突然現れた製麺屋さん。この人がトラブルの要因?えっ金吾君、家業継がなかったんだ。でも成功したということはかなり商才あったんだね。製麺屋さんやはり納品できず。機転を利かせて乗り切る。高校の料理大会の再現。あのあたりまではニーニーの暴走以外は普通に面白かったな。「大丈夫、暢子がそう言うなら。」でもそのせいで今まで何人の人が。とりあえず麺間に合いました。良かった。

  6. 魁光5品目 より:

    沖縄そばに始まり沖縄そばで終わる物語。
    やんばるちむどんどんの最初の危機は麺が納品出来ない問題でした。
    そこを「ゆいまーる」で乗り切りましたね。
    最後にやっと落ち着きを取り戻してきましたが、最終回に大波乱が待ち受けていると思うと…。
    彼女の無事を祈ります。
    何とか報われてほしいと思っていますので。

  7. 落合明人 より:

    NHKこらこらまた話お飛ばしましたねニー二―清美さん悟君歌子ちゃんの結婚式ですよね見たかったな
    またかやニー二―夫婦に子供ができるとはねまさかや優子さんの父親が草刈雅夫なつぞらの柴田家じいちゃんかまたかや大城房子
    オーナーの別れた夫など名との説でも暢子ちゃんの食堂は仮設の野外店でほっとしました現在でたとえばキャンピングかの仮設の食堂化海の家みたいなものですよ

コメントを残す