らんまん

2023年度後前朝ドラ『らんまん』ネタバレ,あらすじ,感想

令和5年(2023年)春スタートの朝ドラ(NHK連続テレビ小説)は、実在する植物学者・牧野富太郎氏の生涯をモチーフにしたストーリーです。

朝ドラ『らんまん』ネタバレ,あらすじ,感想|このページの目次

朝ドラ『らんまん』あらすじ
朝ドラ『らんまん』主人公の実在モデル・牧野富太郎の生涯
朝ドラ『らんまん』キャスト
朝ドラ『らんまん』放送日

令和5年(2023年)朝ドラ『らんまん』あらすじ

『らんまん』の主人公・槙野万太郎の実在モデルは植物学者・牧野富太郎氏です。

リアル万太郎の生涯はここをクリック!

幕末の土佐藩で槙野万太郎の誕生

幕末の文久2年(1862)3月、坂本龍馬は維新を夢見て土佐藩を脱藩。

その一ヶ月、土佐で代々酒造業を営む槙野家に長男が誕生。

その男の子は「万太郎」と命名されました。

・リアル万太郎誕生の頃のリアルストーリーはここをクリック!

6歳で母を亡くす万太郎

裕福な商家に生まれた万太郎は、身体は虚弱ながらも明るい性格で植物が大好きな男の子に成長しました。

しかし、万太郎が6歳のとき、万太郎を愛情を注いで育てた母の房子が病気により死去。

その前に、すでに父も亡くしていた万太郎は、祖母タキのもとに引き取られることになりました。

・リアル万太郎が母を亡くした頃のリアルストーリーはここをクリック!

万太郎が藩校に入学する

万太郎を名家の跡取りにふさわしい男子に育てようと考えたタキは、万太郎を藩校に入学させました。

しかし、万太郎は藩校での生活に馴染むことができませんでした。

そんな中、植物に関する書物と出会った万太郎は、その書物を読みたい一心から勉強に励むようになりました。

・リアル万太郎が藩校に入学した頃のリアルストーリーはここをクリック!

小学校の教育レベルの低さに失望し退学

万太郎は、西洋の学問を次々と吸収して優秀な学業成績を収めるようになりました。

ほどなくして、新しい学校制度が明治新政府によって始めらることになり、万太郎は小学校に入学。

しかし小学校の教育レベルの低さに失望した万太郎は自主退学。

家業を手伝うかたわら、植物採集に没頭する日々を送るようになりました。

・リアル万太郎が小学校を中退した頃のリアルストーリーはここをクリック!

万太郎、生まれて初めての上京

東京上野で「内国勧業博覧会」が開催されるのを機に、万太郎は生まれて初めて上京。

上京した万太郎は、憧れを抱き続けていた植物学者たちと出会い、また、博覧会では日本国内外の珍しい植物と触れる機会を得ました。

その体験がきっかけとなり、万太郎は植物学に対する情熱に目覚めました。

・リアル万太郎初上京の頃のリアルストーリーはここをクリック!

東京帝国大学植物学教室で助手となる

その後、万太郎は、東京帝国大学植物学教室で助手の仕事を得ることができました。

日本の植物をすべて研究したいという情熱に支えられ、万太郎は植物の研究に没頭。

そして万太郎は、新種の植物を次々と発見しては、まだ名のないその植物に学名をつけていきました。

・リアル万太郎が新進学者として活躍したリアルストーリーはここをクリック!

日本独自の植物図鑑を編纂するという夢

次々と新種を発見する万太郎に対して嫉妬心を抱き、嫌がらせをしかけてくる教授たち。

また、学歴がないためにもらえる給金もごくわずか。

様々な困難に直面しながらも、「日本独自の植物図鑑を編纂する」という夢を追い求めながら、万太郎は植物への愛と情熱を胸に進み続けるのでした。

・リアル万太郎誕生の後半生の苦難に満ちたリアルストーリーはここをクリック!

朝ドラ『らんまん』実在モデル・牧野富太郎の生涯

日本の植物学の父・牧野富太郎氏をモチーフにした『らんまん』の主人公・槙野万太郎の生涯はここをクリック!

幕末の土佐藩で牧野富太郎の誕生

文久2年(1862年)3月24日に坂本龍馬が土佐藩を脱藩。

その一ヶ月後の文久2年4月24日、「日本の植物学の父」と呼ばれる牧野富太郎が、現在の高知県高岡郡佐川町で誕生。

「成太郎」と命名されました。

・朝ドラ『らんまん』の主人公の誕生のドラマはここをクリック!

6歳で祖父を亡くし「富太郎」に改名

生家は、雑貨業と酒造業を営む裕福な商家。

しかし、3歳の時に父を、5歳の時に母を、そして6歳の時に祖父を亡くしたため、その後は祖母に育てられました。

また、祖父を亡くした頃、「富太郎」に改名しています。

・朝ドラ『らんまん』の主人公が母を亡くした頃のドラマはここをクリック!

富太郎が受けた教育

富太郎10歳のとき、土居謙護の教える寺子屋に通い始めました。

11歳の時に、郷校である名教館(めいこうかん)に入学。

同級生の大半が氏族の子弟の中、漢学に加えて西洋の地理、天文、物理なども学習します。

・朝ドラ『らんまん』の主人公の少年期に受けた教育のエピソードはここをクリック!

小学校を退学

名教館は、新政府の学制改革により佐川小学校となり、入学するものの2年で中退。

小学校を中退した理由は、造り酒屋の跡取りとして、学問で身を立てるつもりがなかったからだと記録に残されています。

しかし小学校中退後は、造り酒屋は祖母と番頭に任せきっていました。

・朝ドラ『らんまん』の主人公が小学校を退学したころのエピソードはここをクリック!

富太郎、生まれて初めての上京まで

富太郎15歳のとき、佐川小学校の臨時教員に。

17歳のとき、高知師範学校の教師・永沼小一郎を通じて欧米の植物学に触れる機会を得ました。

また、著名な植物学者たちの知己を得ることもできました。

19歳のとき、第2回内国勧業博覧会見物、そして書籍や顕微鏡を購入するために生まれて初めての上京を経験。

・朝ドラ『らんまん』の主人公の初上京エピソードはここをクリック!

東京帝国大学植物学教室で助手となる

明治17年(1884年)富太郎、22歳のときに再び上京。

東京帝国大学理学部植物学教室の矢田部良吉教授を訪問し、教室にある文献や資料の使用を許され研究に没頭する。

25歳のとき、植物学教室の同僚たちと植物学誌『植物学雑誌』を創刊。

その年、祖母が死去します。

・朝ドラ『らんまん』の主人公が研究者として活躍し始めるエピソードはここをクリック!

研究する道を完全に断たれる

富太郎26歳のとき、『日本植物志図篇』の刊行を自費で開始。

27歳のとき、新種の植物を発見し『植物学雑誌』に発表。

その後も新発見を学術論文を通して発表したことで、世界的に名を知られるように。

1890年(明治23年)、28歳で小澤壽衛子と結婚。

しかしその直後に、二人の教授から植物学教室への出入りを禁じられ、研究する道を完全に断たれてしまいます。

・朝ドラ『らんまん』の主人公が困難に直面するストーリーはここをクリック!

再び帰京するも経済的な困窮に苦しむ

一度は郷里に帰ったものの、駒場の農科大学(現在の東京大学農学部)で研究する機会を得て帰京。

しかし、『日本植物志図篇』自費刊行などで家業は経営が傾き、再び帰京した頃には、裕福だった生家は没落していました。

そんな中でも高額な文献類を次々と購入したため多額の借金を抱え、家財道具を競売にかけられるなどしました。

晩年の富太郎

学齢のない富太郎は、学内からの数々の嫌がらせを受けながらも、東京帝国大学に必要な人材として47年間、大学に留任。

昭和2年(1927年)65歳のとき、東京帝国大学から理学博士を受けました。

昭和15年(1940年)退官後の78歳のとき、研究の集大成として『牧野日本植物図鑑』を刊行。

昭和32年(1957年)94歳で死去。

死去の翌年4月、高知県立牧野植物園が開園しました。

『らんまん』主要キャストとスタッフ一覧

[2022/11/15 更新][2022/02/02 投稿]

主人公とその家族

槙野万太郎・・・・・神木隆之介
幕末に裕福な商家・酒蔵「峰屋」の長男として生まれ、植物をこよなく愛するようになる。「日本独自の植物図鑑を編纂する」という夢を追い植物学者として活躍する。

槙野寿恵子・・・・浜辺美波
万太郎の妻。苦しい家計をやりくりしながら植物研究に没頭する夫を支える。

槙野ヒサ・・・・・広末涼子
万太郎の母。病弱でありながようやく授かった万太郎に愛情を注いで育てるが、万太郎が6歳のときに病気で死去。

槙野タキ・・・・・松坂慶子
万太郎の祖母。「峰屋」の当主だった夫と跡取りになるはずだった一人息子に先立たれる。そのため「峰屋」を切り盛りすることになる。

酒蔵「峰屋」

竹雄・・・・・・志尊淳
万太郎の生家である酒蔵「峰屋」の番頭の息子。万太郎のお目付け役を任され、万太郎の良き理解者となる。

幸吉・・・・・・笠松将
酒蔵「峰屋」の蔵人(くらびと、日本酒造りの職人)。毎年、秋から春にかけて「峰屋」で酒造りにやって来る。

たま・・・・・・笠松将
酒蔵「峰屋」の女中。主人公が幼いころから奉公している。

高知の人々

楠野喜江・・・・・島崎和歌子
自由民権運動を支援していることから「民権ばあさん」と呼ばれている。

池田蘭光・・・・・寺脇康文
万太郎が少年時代に通う学問所「名教館」の学頭。学者として名前が知られているが、酒好きで身だしなみに無頓着なため変わり者と思われている。万太郎にとっての人生の師匠のような存在となる。

語り&音楽

語り・・・・・・・宮崎あおい
主題歌・・・・・・あいみょん

作り手の方々

脚本・・・・・・・長田育恵

朝ドラ『らんまん』放送予定

2023年(令和5年)前期

▼総合
・月〜金 午前8:00〜8:15 / 午後0:45〜1:00

▼BSプレミアム
・月〜金 午前7:30〜7:45 / 午後11:30〜11:45

『らんまん』感想,あらすじ,放送日

以下、放送日が確定次第、記載します。

第1週「」
第1話 4/3
第2話 4/4
第3話 4/5
第4話 4/6
第5話 4/7

POSTED COMMENT

  1. zebra より:

    「あさが来た」以来の幕末開始の話?実在の人物をモデルにしているし、あまりに古い話なので炎上することは無いだろう。

  2. 落合明人 より:

    示唆しぶりに名のしれた知名人方おモデルした朝ドラが前期後期に和立て続きますね
    それて今まで野朝ドラでわモデルにしてたのはとと姉ちゃんまんぶくエールなつぞらゲゲゲの来たろうなどですよ
    私の記憶にある朝ドラの題名です
    またブキウギでわなんとシロインがひよっこに出ていた米屋の米子ちゃんが鳴るそうです亜泥来ました
    米子ちやんは光男君の奥さんでしたね
    いずれも私なりにちむどんどんみたいに途中で職場の悪い奴ヤクザみたいな怖い人物が出ないように作家さん話しおつくてくださいね見ていて怖くなりますからね

  3. 肉じゃが食べる人 より:

    早速新しい朝ドラの詳しい情報をありがとうございます!
    いつも仕事が早いですね〜すごいです!!

    神木くんとても楽しみです。
    オタク系の主人公だったらいいな。
    小学生の頃、「科学」と「学習」の学習マンガで牧野富太郎を知りました。
    和服姿の女性が丸い風船の様な物体を指して「これはオニフスベというきのこよ」
    と説明する一コマが記憶に残ってます。
    スエコザサのエピソードもあったっけ。

コメントを残す