ちむどんどん

2022年度前前期朝ドラ『ちむどんどん』感想,あらすじ,ネタバレ

『マッサン』『スカーレット』を経て、ついに黒島結菜さんが朝ドラヒロインとして登場します!

令和4年(2022年)朝ドラ『ちむどんどん』あらすじとレビュー

『ちむどんどん』あらすじ

沖縄がアメリカ軍の統治下にあった1960年代。この物語の主人公・比嘉暢子の一家は、沖縄本島北部のやんばる地方でサトウキビ畑を営んでいました。主人公の両親は畑で働き、暢子と兄、姉、妹はけんかをしながらも仲良く過ごす日々。

その頃の暢子にとっての「遊び」とは野山で何かを採って食べること。暢子は家族の中でも美味しいものに目がない子でした。そして、家族と初めて訪れたレストランで食べた西洋料理に暢子は心から感激しました。

そんなある日、暢子の父が急逝。父の急逝後、母は四人の子供たちを養うために懸命に働きました。そんな母を助けるために暢子は食事の支度を担当することになりました。そして月日が流れ、沖縄が本土復帰を果たす1972年、暢子は高校卒業を迎えました。

暢子の夢は西洋料理のシェフになることでした。そして夢を叶えるために暢子は上京。職場のレストランは東京でしたが下宿先は神奈川県横浜市の鶴見でした。そして暢子は、シェフになるための厳しい修行の日々に挑むのでした。

Sponsored Link



『ちむどんどん』レビュー

2022年は沖縄の本土復帰から50年の年。沖縄の本土復帰の年、ブログ主は小学生でしたが子供心にそのニュースのことはよく覚えていました。

そして2022年が本土復帰50年なので、もしや朝ドラは沖縄が舞台?とひそかに考えていたら、その通りになりました。

予想を外してばかりのブログ主の予想が珍しく当たりました。

経済の観光への依存度が高い沖縄県は、現在苦境に立たされているとか。

2022年の春には、人の往来が復活し、沖縄県に多くの観光客が殺到しているような状況になっていて欲しいと願わずにはいられません。

さて、ヒロインの故郷は沖縄です。

しかし、物語の舞台の半分近くはおそらく東京または横浜になる見通しです。

横浜が舞台になった朝ドラと言えば『まれ』。

パティシエを目指すヒロインが菓子職人としての修行をした街です。

しかし横浜はとても広く、本作のヒロインが下宿する鶴見という町は『まれ』のヒロインが暮らした町とはまったく異なるエリアです。

むしろ『梅ちゃん先生』のヒロインが暮らしていた蒲田の方が近いかもしれません。

実際に鉄道で乗り換えなしで簡単に移動できますので。

一方でヒロインの職場が東京のどこになるのかは今のところ不明。

これから情報が入り次第、このページに追記してまいります。

『ちむどんどん』主要キャストとスタッフ一覧

[2020/07/28 更新][2020/07/28 投稿]

ヒロイン

比嘉暢子・・・・黒島結菜

作り手の方々

脚本・・・・・・・羽原大介
語り・・・・・・・ジョン・カビラ

Sponsored Link



『ちむどんどん』放送予定

2022年(令和4年)前期

▼総合
・月〜金 午前8:00〜8:15 / 午後0:45〜1:00

▼BSプレミアム
・月〜金 午前7:30〜7:45 / 午後11:30〜11:45

コメントへの返信 by 朝蔵

鶴見には今に続く沖縄タウン(Natchezさん)
情報提供ありがとうございます。

鶴見にそんな歴史があったことを初めて知りました。

鶴見から決して遠くないところに住んでいたことがありながら、まったく知りませんでした。

黒島さんの出演作の特徴(文月さん)
ありがとうございます。興味深く拝見しました。

例えば『なつぞら』のように物語の二つ主要舞台の間にギャップがある朝ドラが好きなので、本作はその点でも楽しみでした。

沖縄と鶴見、環境がまるで異なる二つの土地を舞台にして、ヒロインの時空を超える活躍が楽しみです。

『ちむどんどん』感想,あらすじ,放送日

以下、放送日が確定次第、記載します。

第1週「」
第1話
第2話
第3話
第4話
第5話

POSTED COMMENT

  1. 文月 より:

    黒島さんの出演作の特徴は、時空を飛び回る作品への参加が多いことにあります。
    ある意味、「呪怨」シリーズや「死役所」「閻魔堂沙羅の推理奇譚 」のような霊界との接点の作品の出演もその中に入るでしょうが、何よりタイムリープなどの超能力ものが多いことにあります。
    映画でも「サクラダリセット」、「ストレイヤーズ・クロニクル」、ドラマで、「アシガール」「サムライせんせい」「時をかける少女」「流れ星」「SPECサーガ完結篇」「SPECサーガ黎明篇」などで時空を飛び回ってます。「ナイトヒーローNAOTO」なんていうヒーローもののヒロインもしてますが。
    時空を巡る役、時空を巡ってくる人の相手役、時空を操る役いずれも経験し、さらに「いだてん」や「戦後70年 一番電車が走った」のように回顧録的な作りのドラマも多い。
    本土と沖縄、1970年代と今という時代の対比でドラマが展開すると彼女の土俵になるんでしょうね
    そして、「ちむどんどん」は、彼女の原点・デビュー作「ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を〜」を引き継ぐ時代の物語になるんですね。(同作は、1959年の宮森小学校米軍機墜落事故を扱った作品)

  2. Natchez より:

    いつも楽しく拝読しております。

    鶴見は高度経済成長期に沖縄からの出稼ぎ労働者を多く抱え、その後も3万人を超える沖縄からの移住者を迎えた町。鶴見には今に続く沖縄タウンもありますから、故郷を遠くあとにしたヒロインが暮らすには、もってこいのエリアだったのでは。
    今から楽しみですね。

コメントを残す