あまちゃん 45話 お座敷列車企画まとまる

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』
本放送:2013年5月22日(水)
再放送:2015年5月27日(水)
第8週 第45話 「おら、ドキドキがとまんねぇ」

『あまちゃん』第8週 第45回
「おら、ドキドキがとまんねぇ」あらすじ

アキは、努力の甲斐あって潜水士の資格試験に合格することができました。喜び勇んだアキは早速、資格試験に合格したその日のうちにかねてより種市と約束していたデートを申し込むものの、種市に答えをはぐらかされてしまいます。

その頃大吉は、我が耳を疑うようなことを功から聞かされていました。北三陸市長が赤字が続いている北鉄の廃線にし、代わりに路線バスの運行を検討しているというのです。大吉は赤字解消の打開策として「お座敷列車」のイベントを提案。

大吉発案の「お座敷列車」のイベント企画に功も大いに乗り気になり、早速観光協会で打ち合わせがはじまりました。北三陸〜畑野間の往復約2時間、アキとユイを「お座敷列車」に乗せて乗客に歌を披露する方向で企画もまとまりました。

そして「お座敷列車」で歌う歌は『潮騒のメモリー』にしたいとアキが希望。かつて、その歌を主題歌にした同名タイトルの映画『潮騒のメモリー』の主演女優・鈴鹿ひろ美の話しで盛り上がる大吉たちでした。

『あまちゃん』第8週 第45回
「おら、ドキドキがとまんねぇ」感想

80年代の2大アイドル、小泉今日子と薬師丸ひろ子の「夢の共演」は、この45回からじわじわと始まっていたのかと身を乗り出して見てしまいました。

思えば『あまちゃん』本放送の初期は関心を持っていなかったんです。正直に言うと。しかし、二人の「夢の共演」だの、『ザ・ベストテン』のパロディが話題になっているのを聞いて俄然興味を持つようになりました。

80年代のリアル芸能界、実在したアイドルたちを劇中に登場させながらも「小泉今日子」と「薬師丸ひろ子」の二人だけが存在しないリアル芸能界を巧みにドラマに取り入れた作劇術をこれからたっぷり楽しませてもらおうと思います。

そして、もう一点。お座敷列車の『潮騒のメモリー』の伝説はここからはじまった!

廃線の危機の窮地を脱するための起死回生の打開策。お座敷列車の『潮騒のメモリー』というとアキちゃんとユイちゃんの歌う姿がクローズアップされますが、その立役者は実は大吉さん。その徹底した黒子ぶりの奥床しさが凛々しい大吉さんでした。

<<前回44話 | 次回46話>>

Sponsored Link
Sponsored Link
いつも、当ブログ『朝ドラPLUS』をご覧頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、誤記、誤変換、事実誤認をなくすべく努めておりますが、もし文中に誤りや表現の不明な点がございましたら、ご指摘頂けますと幸甚に存じます。今後とも『朝ドラPLUS』をよろしくお願い致します。ありがとうございました。

icon_mareicon_mareicon_mareicon_mareicon_massanicon_hanakoicon_umechicon_umechicon_umechicon_itokoicon_umechicom

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページトップへ