麺開発を一からやり直し / まんぷく 第104話

2019年2月4日(月)第19週「10歩も20歩も前進です!」

あらすじ

生地にスープを練り込んだ麺づくりで、萬平は何度も何度も失敗を繰り返しました。試行錯誤の末に萬平は、生地にスープを練り込むやり方を断念。もう一度、はじめから即席ラーメンのための麺の作り方を考え直すことになりました。

そんな中、福子は、萬平のラーメンづくりの手伝いをするかたわらで、香田家に呼び出されました。忠彦が、新たな美人画を描くために雇った女性モデルのことで、克子はふたたび気持ちをかき乱されていたのです。

香田家に足を運んだ福子は、忠彦が新たに雇い入れた女性モデル・秀子と対面。秀子は福子に言いました。忠彦先生が大好きだ。芸術家は家族に縛られるべきではないと。これらの秀子の言葉に、福子は動揺を隠せません。

一方、麺づくりの方法を一からやり直すことにした萬平は、普通にゆでたラーメンをスープエキスに浸して味を付けるやり方を試みました。しかし、その方法も失敗。落胆する萬平を、失敗は一歩進んだことだと、福子は叱咤激励するのでした。

<<前回103話 | 次回105話>>

Sponsored Link

予習レビュー

麺の生地にスープを練り込むことで、その麺にお湯を注ぐだけでスープの味が溶け出し、そのまま食べることができるラーメン。

萬平さんのアイディアは画期的でしたが、その試みは失敗に終わりました。

麺の開発を一からやり直すことになった萬平さん。おそらく今回か次回あたりから、スープを麺の表面だけに付ける方法に変更するものと思われます。

スープを麺の表面だけに付ける、すなわちチキンラーメンです。

麺の生地にスープを練り込む実験を繰り返し行った末の失敗。この度重なる失敗の末に生み出されたのがチキンラーメンだったんですね。

チキンラーメンの背後にこんな努力が積み重ねられていたとは知りませんでした。チキンラーメンはあまりにも当たり前な存在だったので。

そして、この試行錯誤の末にチキンラーメンが誕生したからこそ、その後のカップヌードルも誕生したわけです。

そう思うと、今回までの萬平さんの試行錯誤の日々は、その後の食文化の歴史を大きく変えるきっかけとなる、非常に重要な時間だったわけです。

チキンラーメンの開発成功や販売開始など、目立つイベントにとかく目がゆきがちですが、目立たない開発の日々にこそ価値があると思ったことでした。

感想

秀子さんの振る舞いはすべて計算づく?

壇蜜演じモデルの秀子さんは、なかなかの魔性の女ですね。克子さんを惑わせる行動の一つひとつ、すべてが計算づくで行われているような気がします。

克子さんが心配している「忠彦さんへの色目」。

忠彦さんは、それを克子さんの思い込みと断じ、鈴さんもまた克子さんの思い過ごしくらいにしか認識していません。

でも、克子さんの思い込みや思い過ごしでないことは確か。

克子さんの目には、色目を使っているように振る舞ってます、秀子さん。間違いなく確信犯です。

秀子さんが福ちゃんを驚かせた言葉。

「忠彦先生は大好き」
「大好きは大好きよ」

そして、とどめの一言とも言える言葉。

「芸術家は家族なんてものに縛られちゃダメよ」

これも、福ちゃんという第三者を通してこの言葉が克子さんの耳に入れば、克子さんは必ずや動揺するに違いないと計算しているかと思います。

しかも、克子さんをそこまで揺さぶりながらも、秀子さんには忠彦さんを略奪しようなどという意思はない。

略奪する意思などないから忠彦さんに対しても克子さんに対してもクールでいられる。

その冷静さが、秀子さんの計算づくの振る舞いが克子さんに与えるインパクトをさらに大きなものにする。

克子さん、お気の毒です。

ところで、これから忠彦さんも秀子さんに翻弄されるそうですが、翻弄のその先に、新しい画風・新境地の確立という、忠彦さんにとっては素敵な展開が用意されています。

しかし、さんざん心をかき乱された克子さんには、秀子さん騒動のその先に、何か素敵な展開が用意されているのでしょうか。

克子さんの動揺。前週までは楽しんでましたが、今日になって気の毒になってきました。

追伸:魔性の女、秀子さん。かなりな性悪女ですが、その一方でなかなか素敵なことも言いますね。

福ちゃんにさりげなく言った次の言葉、なかなか深いです。

「悲しみが人生に深みを与えてくれるのよ」

コメントへの返信 by 朝蔵

予告映像で天ぷらのくだり(スナフキンさん:109話)
常温保存の方法を発見するところ、すなわち試作品があらかた完成するところまで話が進みそうですね。

試作品が出来上がったら、次は製品化。そして、萬平さんが苦手とする販売です。世良さんがまた活躍してくれるのでしょうか。

天ぷらにヒントを得る事を知り(ちゃーちゃん:103話)
萬平さんがヒントを得たのは天ぷらになりそうですね。でも、天ぷらのどこにヒントを見出すのかが気になっています。

天ぷらは、よっぽど上手に揚げないことには、とても常温保存できるようには見えないですからね。

福ちゃんはずーーーっと鮮やかなグリーンの服(にゃんこさん:103話)
福ちゃんのグリーンの服を着ている姿が、頭の片隅で気になってはいましたが、ずっとそればかり着ていることには気が付きませんでした。

緑色にこだわる理由。何かあるんでしょうかね。グリーンには、緊張を緩和させリラックスさせる作用があるので、ラーメン開発に没頭し過ぎてハイになっている萬平さんを落ち着かせようとしているのでしょうか?

<<前回103話 | 次回105話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 宇野淳義 より:

    見たいのですが❗すべての時間が仕事で見れません❗どんなドラマなんですか❗

  2. ちゃーちゃん より:

    天ぷらは揚げたあとベタッとするけど麺なら水分が抜け乾燥したした状態になり保存可能!(具材は入っていないので)
    気になるのは福ちゃん「一歩も二歩も前進ですよ」涙を流してから何だか性格がちょっと変わった感が有ります。無理矢理っぽい萬平さんへの応援は傍目より本人には効果的なのでしょうか?