岡と森本が吉乃に惚れる / まんぷく 第108話

2019年2月8日(金)第19週「10歩も20歩も前進です!」

あらすじ

麺を蒸してつくると、麺の中に含まれる水分を増やさずにすむ。そのことを知った萬平は、早速、蒸してつくった麺を陰干しにして、常温保存できる麺の製法をこころみるものの、思ったようにうまくゆきません。

同じ頃、部の同僚、岡と森本の二人が吉乃に一目惚れしたことを、神部に打ち明けました。しかも、岡と森本は、吉乃と一緒に映画を観に行く約束までしていました。神部は、岡と森本の恋に異を唱えるものの、二人は神部の言葉に耳を傾けるつもりはありません。

一方、鈴は吉乃の見合いの話をすすめていました。吉乃が大企業に勤務する男性と結婚すること。それが鈴の願いでした。そんな鈴にとって、岡と森本の、吉乃への一目惚れなど許せるわけがありません。

萬平は、即席ラーメンの麺づくりに完全に行き詰っていました。そんな中、忠彦と真一が萬平を訪問。やって来た二人に叱咤激励された萬平は、即席ラーメンを実現するために、ふたたび麺を常温保存する方法の開発に挑みはじめるのでした。

<<前回107話 | 次回109話>>

Sponsored Link

予習レビュー

萬平さんの麺づくりは引き続き試行錯誤の繰り返し。そこへ、真一さんと忠彦さんがやって来るそうなのですが、二人は何かヒントをくれるのでしょうか。

それはさておき、いよいよ吉乃ちゃんの恋バナが始まります。

と言っても、吉乃ちゃんが誰かに恋をするのではなく、誰かから恋をされる立場にあるのですが。

さて、吉乃ちゃんに恋をするのは、岡くんと森本くんです。

萬平さんが池田信用組合の理事長職を辞任し、即席ラーメンの開発に取り組むようになって来てから、少しづつ登場場面が増え始めてきた岡くんと森本くん。

その昔、神部くんが闇市から連れてきた元塩軍団の二人です。

この二人、今は神部くんと同じ会社に勤める、神部くんの同僚になっているのだとか。今回、はじめて知りました。

その二人。岡くんと森本くんが、同時に吉乃ちゃんに一目惚れ。そして、そのことをお互いにカミングアウト。

ちょっとネタバレになりますが、次回には吉乃ちゃんのお見合いの話が浮上。今回と次回とで、新しい恋バナが波乱含みの幕開けをします。

感想

岡くんと神部くんの恋バナ

ついに岡くんと神部くんの恋バナの本格稼働がはじまりましたが、タカちゃんと神部くんの恋バナのときとは異なり、今度はハードルが高い。

タカちゃんと神部くんの恋バナのときは、タカちゃんはまだ高校生でした。だからお見合いというハードルはありませんでした。(これが大正以前ならあったかもですが)

しかし吉乃ちゃんは結婚適齢期です。

さらにタイミングの悪いことに、香田家では「離婚の危機」騒動があったばかりで、萬平さんも、今は稼ぎがない。

吉乃ちゃんを大きな会社に勤める男性と結婚させたいという鈴さんの願望は、それまでよりも強くなっていることが想像できます。

鈴さんと、岡くん・森本くんの正面衝突はもうすぐでしょうか。

これはちょっと見ものです。

追伸:画風に新境地を切り拓いたことで、今は絵画に没頭している忠彦さん。まだ、吉乃ちゃんの周囲の騒ぎには気が付いていないのでしょうか。

タカちゃんと神部くんの、吉乃ちゃんへの一目惚れや急接近に忠彦さんが気づいたとき。鈴さん以上の反応が期待できそうです。

忠彦さん、早く愛娘周辺の異変に気がつかないかな・・・

コメントへの返信 by 朝蔵

感じたままに描いている(よるは去ったさん:107話)
感じたままに描くことができるようになった真一さん。これからどんな進化を遂げるのかが気になっています。

萬平さんの進化と合わせて真一さんも進化しています。萬平さんがカップヌードルを発明する頃には、真一さんもさらなる進化を遂げているかもしれませんね。

ミスター商売人の反応(ともあきさん:107話)
ミスター商売人!ステキなニックネームを考えましたね!

人の顔色と、売れるモノは誰よりもするどく見抜いてきた世良さんが、即席ラーメンをはじめて口にして、これは売れる!と直感したときの顔。

この瞬間を演じるお芝居は、かなり難しそう。

チキンラーメンの初代キャラクターは「チーちゃん」と「キン坊」(ともあきさん:20週)
「チーちゃん」と「キン坊」の存在は知りませんでした。情報提供ありがとうございます。知っているのは「ちびっこ」以降です。

今のキャラクターのひよこちゃんも二代目だったんですね。ちょうだいしたコメントが、チキンラーメンのキャラクターの歴史を知るきっかけになりました。

AmazonのPrimeVideoで朝ドラの過去作(うこちえすさん:107話)
情報提供ありがとうございます!克子さんを見るたびに『ゲゲゲの女房』を観たいなと思ってました。本作はダイジェスト版しか観たことがありませんので。

しかも、岡田惠和さんの『おひさま』まで観ることができるとは。AmazonのPrimeVideo、あまり関心がなかったんですが、利用を開始します。

きっと何かが隠されているような気がします(ちゃーちゃん:106話)
『まんぷく』は、様々なネタがありとあらゆるところに隠されてますからね。ネタ写真集を出版してほしいくらいです。

ちなみにパーラー白薔薇の壁に貼ってある往年の名画のパロディのポスター。大阪人らしい遊び心満載で、大好きです。

<<前回107話 | 次回109話>>

Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちゃーちゃん より:

    106話のコメントに書かせて頂いてます。
    流石ボンボンのマスター三種の神器を揃えられるくらいですしね。
    きっと白薔薇で提供されるジュースは100%果汁なんでしょうね。

  2. 平澤 より:

    はじめてコメントさせていただきます。
    いつも本当に興味深くこちらを訪ねさせていただき、朝ドラが何メートル分も深く楽しめており本当にありがとうございます。
    さてパーラー白薔薇の厨房に、今日もありましたよね万能調理器!!週はじめ頃か先週かに同じ角度からの厨房手元で、オレンジ色の万能調理器が映り、あ!!と。
    こちらでどなたかがとりあげてくださるかな?と思って待っていましたがまだのようなので、私が!

  3. よるは去った より:

    真一「かのトーマス・エジソンは『私は失敗したことはない。一万通りのうまくいかない方法を見つけただけ。』」子供の時読んだトーマス・アルバ・エジソン氏の伝記で数々の上手く行かない方法を見つけながら「白熱電灯」を発明していく件は今思えば一番読み応えのある箇所だったように思います。ガンバレ!萬平くん!

  4. ぷち より:

    すでにコメントが来ているかもしれませんが、確か、たちばな栄養食品が解散するとき、
    岡さんと森本さんは神戸さんと一緒にたちばな栄養食品を買い取った会社に移ってダネイホンを作るようにと言われるシーンがあったと思いますよ