おかえりモネ

百音が新事業のプレゼン / おかえりモネ 第95回

2021年9月24日(金)第19週「島へ」

あらすじ

百音が東京に戻って来ました。

百音の帰りを東京で待っていた菅波は、宮田に頼んでホルンの演奏を百音に聴かせました。

宮田が演奏するホルンの音色は、故郷に戻ると決意した百音の背中を押しました。

そして百音は、菅波に対して故郷に帰った時に固めた決意を打ち明けました。

気象予報士として故郷の人々の役に立つつもりだと。

ほどなくして百音は、その決意を高村に告げました。

その数日後、百音は社内で行われる新事業審査会にチャレンジすることになりました。

その審査会で百音は、地域密着型の気象予報士を全国に配置する「あなたの町の気象予報士・全国津々浦々計画」を再びプレゼン。

百音が自分の企画に込めた想いを聞かされた安西は・・・

参考:Yahoo!テレビ

<<前回94回 | 次回96回>>

第19週 | 第20週
おかえりモネ|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

実家に戻り、故郷の人々の役に立ちたい。

そんな決意を故郷で固めたモネちゃんが東京に戻ってきました。

そして東京に戻ったモネちゃんがその決意を真っ先に伝える相手は菅波先生です。

モネちゃんのその決意は、遠距離恋愛を終わらせるという意味も含まれますが、菅波先生はモネちゃんの決意をどのように受け止めるのか。

遠距離恋愛が始まる直前、菅波先生はモネちゃんに言いました。

あなたの投げたものは、何でも受け取るつもりだと。

だから菅波先生は、モネちゃんの決意を受け取ってくれるでしょう。

一方、モネちゃんが決意を実行に移すためには大きなハードルがあります。

それは、新事業審査会に再提案する「あなたの町の気象予報士・全国津々浦々計画」が安西社長によって採用されること。

さらに、その新事業の担当者として気仙沼への異動が命じられること。

モネちゃんのこれからの人生が今回決まります。

感想

感想欄は放送後に追記します。

<<前回94回 | 次回96回>>

第19週 | 第20週
おかえりモネ|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. もとおりのりなが より:

    この、「おかえりモネ」というドラマの、登場人物の心理のリアリティーと、問題提起という2点を評価しています。
    新次さんが、震災から5年経っても妻の死を受け入れられない、とか、自分の船でないと漁業をやる気にならないとか。こんなんじゃ駄目だと思いつつも再三、酒にすがってしまう所など。
    気象予報士、全国津々浦々計画が実現すれば、今より被災者が減ると思われます。
    が、現実は、熱海の土石流災害など、大雨が降るのは予想できても、被災者が出るのを食い止められていません。
    2019年秋まできたドラマを、何をもって決着とするのかに、疑問、不安を感じます。
    2020年に突入するのか、2019年で終わるのか。
    2020年になればコロナ禍の混迷の世になる訳ですが。

  2. まめ より:

    24日の金曜日の遠距離恋愛を終わらせるとは地元に戻るからちゃんと会えるようになるとかの意味でしょうか?別れるみたいなニュアンスに感じてしまって。

コメントを残す