カムカムエヴリバディ

雉真家を出る安子の決意 / カムカムエヴリバディ 第37回

2021年12月21日(火)第8週「1951−1962」

あらすじ

「たちばな」再建のめどが立った安子が雉真家を出て行く決意を固めました。そして安子は、るいを一緒に連れて雉真家を出て行くつもりでした。しかし千吉は、安子がるいを連れて雉真家を出て行くことを認めようとはしませんでした。

一方、安子とロバートが一緒にいる現場を目撃してショックを受けた勇は泥酔して帰宅。そんな勇を雪衣は厳しい言葉で諌めました。その夜、勇と雪衣は一夜を過ごし、そのことを知った算太は大きなショックを受けました。

あくる日の朝、「たちばな」の再建資金を安子は算太に託しました。「たちばな」再建を目前にした安子は、自分だけ「たちばな」で暮らし、るいは雉真家に預けるつもりでいました。しかしるいは、安子と離ればなれになることを泣いて拒みました。

そんな中、安子を動揺させる事態が発生しました。算太が、たちばな再建のために貯めた資金を持ったまま失踪してしまったのです。方々を探しまわり算太が大阪に向かったことを突き止めた安子は、大阪に足を運びロバートに助けを求めるのでした。

<<前回36回 | 次回38回>>

第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週
第12週以降の最新情報
カムカムエヴリバディ|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

安子ちゃんが雉真家を出て行く決意を固めます。

ということは勇くんのプロポーズを安子ちゃんは断ったということなのでしょう。

勇くんのプロポーズは、そのまま千吉さんの意向でもあるわけですから。

しかし、そこで問題が発生します。

るいちゃんをどうするか、ということです。

千吉さんは、当然のことながらるいちゃんを連れて雉真家を出て行くことを認めません。

そして千吉さんは、安子ちゃんの痛いところを突いてきました。

るいちゃんのおでこの傷跡です。

この傷跡をきれいにするには大金が必要だ。

雉真家の財力がなければ、るいちゃんのおでこの傷跡をきれいに治すことはできない。

これを言われてしまったら、何よりもるいちゃんの幸せが最優先の安子ちゃんは反論のしようがありません。

ついに安子ちゃんとるいちゃんのお別れの日が近づいてきました。

そして・・・

安子ちゃんが窮地に陥っているそんな時に、算太くんがまたしてもやらかしてくれます。

Sponsored Link



感想

ついに明日が初代ヒロイン・安子編の最終回の日。

その前日の回は、想像を超えて朝ドラらしからぬエグい展開になりました。

失恋のきっかけがエグかった

算太くんが「たちばな」再建資金を持ち逃げして姿をくらますことはわかっていました。

そして算太くんが失踪する理由も、ここ数日の話の展開の中で少しづつ見えてきました。

雪衣ちゃんのことが好きだった算太くんは失恋するのだろう。

そんな推測をしていました。

失恋するという推測だけは当たっていました。

しかし、失恋のきっかけがエグかった・・・

算太くんにはあまりにもむごい展開

勇くんと雪衣ちゃんが大人として向き合う場面があると、勇くん演じる村上虹郎さんが語る記事を読んでいました。

その場面とは、暴走する雪衣ちゃんを勇くんが叱りつける場面かなと思っていました。

しかし、どうやらその場面ではなかったようです。

「大人として向き合う場面」とは、ブログ主のよく外れる予測のはるか斜め上をゆくものでした。

そして、この「大人として向き合う場面」は、算太くんにはあまりにもつら過ぎる。

算太くんが疾走する展開を知ったとき、算太くんは相変わらずだなと残念に思ったものですが、残念に思ったことを撤回します。

暖かい家庭を持つことを夢見ていた算太くんには、あまりにもむごい展開でした。

歯車が狂い出すきっかけ

思えば、安子ちゃんとロバートの再会が歯車が狂い出すきっかけでした。

安子ちゃんはロバートに対して特別な感情を持っていないと思い込んでいたようですが、きぬちゃんは安子ちゃんの気持ちを見抜いていました。

そして、勇くんの目にも、英語の教材づくりを手伝っているだけには映らなかったということでしょう。

歯車が狂い出すきっかけとなったロバートとの関係。

「最終回」の明日、どのように回収されるのでしょうか。

ネタバレあり:安子ちゃんとるいちゃんの関係

春から別居を言い渡されたるいちゃん。

この一事だけでもショックは相当大きいはずです。

それに加えて、大阪で算太くん探しに没頭するあまり、安子ちゃんはるいちゃんの小学校の入学式に出席できなくなってしまうのだとか。

この二つがるいちゃんの心に大きな傷跡を残すことになるのかもしれません。

また、今回の終わり近くで、安子ちゃんが自転車にぶつかりそうになる場面がありましたが、この場面は、るい編の初回と対になっているのかもしれません。

るいちゃんの初登場回、るいちゃんが自転車にぶつかりそうになったところから、るいちゃんの物語が始まるのだそうです。

<<前回36回 | 次回38回>>

第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週
第12週以降の最新情報
カムカムエヴリバディ|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. 地方都市住民Y.M. より:

    運命のあの瞬間があったから。
    結ばれるはずの無かった安子と稔は結ばれました。

    運命のあの瞬間が無かったら。
    安子も、勇も、算太も、雪絵も、思惑の違いやわだかまりを残しつつも、皆が皆収まるところに収まる流れができつつあった。
    しかし、そうはならなかった。

    人生万事塞翁が馬というけれど、小さな運命の瞬間の積み重ねで、人生は積み重ねられていくものです。
    それが三世代重なった時、それを俯瞰して見る視点を得た我々の目には、一体どんな物語が見えてくるのでしょうか。

    次のお話を、るいとひなたの物語を待ちましょう。

  2. あさのあさみ より:

    ここに来て、今まで男前キャラで好感度抜群だった勇ちゃんが評価を下げるような行動。
    誠実な義弟を選ばないヒロインは馬鹿よね、というふうにならないようにしたんでしょうか。
    鬼姑が聖母化したり、男前義弟がただのオトコになったり、どんな登場人物にも、いい所も悪い所もある、強い所も弱い所もある、多面的に描く作者の思いを感じました。

  3. むむむ より:

    勇ちゃんには、ちょっとがっかりしました。あれは、ずっと好きだった安子ちゃんにも雪衣さんにも失礼なのでは。勇くんを好きな雪衣さんには、結果、嬉しい展開になりそうですが。なんだかなぁって感じです。あまりにも、みんな、情けないような場面でした。

  4. オペラ座の怪人 より:

    え!?
    ネットで、評判を見ていたら、

    雪衣は、朝、勇の部屋から出てきたの!?
    おいお~い、勇~!

    あと、倒れちった安子、
    まさか、このまま、●ぬ、
    なんてこと、ないだろうな~?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  5. 丹善人 より:

    バッドエンドのまま10年経って主人公が交代。安子編にとって、明日はある意味最終回。
    最終回で後味悪いのは「純と愛」以来でしょうかね。

  6. オペラ座の怪人 より:

    お~い、算太!
    安子ちゃんと、がんばって、
    2人して貯めたお金を
    1人で持ち逃げか~?

    算太、どこ行った~?
    雪衣、どこかへ行くの~?

    それにしても、
    安子も、勇も、段田安則お父さんも、
    もう少し、きちんきちんと、3人して、
    いや、るいちゃんも含めて、4人で、
    話し合えよ~!

    最後、安子、倒れちった!

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  7. 還暦のたつお より:

    安子編あと二回?どう決着をつける?それとも課題を積み残したまま、るい編へと続くのか?安子さん、自分で決めた事と、その場の感情だけで動いている。縛られている。周りが見えていない。雪衣さん勇君へキツイ一言、あからさまに反感を示す勇君だが、何かこの二人の関係性に変化を生じる予感が。窓に映る己の姿を嘲笑する算太。悪算太が顔を出す。たちばな再建の方がるいちゃんのいくすえよりも大事なの?ここは今の所一番あてになる男子ロバートの出番だがさすがに大阪の街は広い。今度はオート三輪ではなくて自転車にぶつかって倒れる安子さんだれか助けてあげて。

  8. H.Sakigake4th より:

    なんじゃこら…。
    全員バッドエンドじゃないか…。

    勇ちゃんと雪衣さんが最悪の形で既成事実を作ってしまい、ショックを受けた算太が失踪。

    その中で置いてけぼりをくらうるい。
    あまりにも切ないでしょう…。
    こんなことありますか?

    残り僅かな安子編。
    広げた風呂敷を回収するのはもう不可能。
    バッドエンド確定でしょう。

    るい編でそのあたりは回収でしょうが、あまりにも不憫すぎます…。

還暦のたつお へ返信する コメントをキャンセル