舞いあがれ!

舞いあがれ! 第2週「ばらもん凧、あがれ!」予習レビューとあらすじ

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『舞いあがれ!』
2022年10月10日 〜 10月14日放送

あらすじ

舞と祥子の新しい生活

母・めぐみに長崎の五島に連れられて来た舞。

ほどなくしてめぐみは東大阪に帰り、舞と祖母の祥子の二人だけの暮らしが始まりました。

病気がちだったため、引っ込み思案で臆病な舞を、なんでも自分でできる子にしようと祥子は心をくだきました。

一方、皿洗いの手伝いも、自分で目覚まし時計をかけて起きることもしたことがない舞は、失敗するたびに深く落ち込みました。

そんな舞を、祥子は励まし続けました。

祥子とめぐみの関係

舞と祥子が会うのは、舞の五島滞在がはじめてのことでした。

どうして祥子と会えなかったのかと尋ねる舞の問いかけに、祥子は答えました。

めぐみが大学を中退して浩太と駆け落ちしたことで、祥子とめぐみは仲違いしていたのです。

しかし、祥子はめぐみに会いたいと思い続けていたことを舞に打ち明けました。

祥子が舞と話し込んだことで、祥子は釣り客を漁船で迎えに行くことを失念。

仕事で失敗してしまった祥子のことを、失敗は悪いことではないと、祥子の言葉の真似をしながら、舞は励ましました。

莉子のお産

舞が五島にやって来てひと月が経過したころ、舞は祥子の手作りのジャムを浦家に届けに行きました。

舞が浦家を訪問したとき、信吾の妻・莉子が産気づきました。

莉子が産気づいたとき、その場には舞しかいませんでした。

舞は、莉子が産気づいて苦しんでいることを祥子に知らせるために、必死になって走りました。

そして祥子の助けによって莉子は無事に出産。

その日の夜、舞はたくさん走ったにもかかわらず、熱を出すことはありませんでした。

ばらもん凧

莉子が産んだ赤ちゃんの成長への祈りを込めたばらもん凧が完成しました。

その凧揚げに舞は誘われるものの、凧揚げで失敗した経験がある舞は、誘いを断ってしまいました。

ほどなくして、凧揚げ大会の参加者が読み上げられたとき、そこに舞の名前はなく、舞はショックを受けて、再び熱を出してしまいました。

舞はもう大丈夫

熱を出して寝込む舞を、祥子は励ましました。

人の気持ちを大事に考えることができる舞なら、自分の気持ちも大事にすることができるはずだと。

その言葉に勇気をもらった舞は、凧揚げ大会に参加。

舞は上手にばらもん凧を上げることができました。

その日の夜、凧揚げに成功した舞は夜遅くまで起きていたものの熱を出すことはありませんでした。

そんな中、めぐみからの電話で祥子は告げました。

舞はもう大丈夫だ、と。

<<前週 第1週 | 次週 第3週>>
舞いあがれ!|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

今週の展開

第6話 10/10(月)
第7話 10/11(火)
第8話 10/12(水)
第9話 10/13(木)
第10話 10/14(金)

予習レビュー

ばらもん凧

長崎・五島での暮らしが始まりました。

本作の最初の予告映像の中に凧揚げの場面が挿入されていましたが、おそらくその凧揚げの場面は長崎・五島が舞台。

そして今週のサブタイトル「ばらもん凧、あがれ!」の「ばらもん凧」が、予告映像の中に登場した凧かと思います。

また、本作の制作が発表された際にアナウンスされたストーリーによれば、ヒロインは「ばらもん凧が空高く舞い上がる姿に舞は魅了され」そして「空を飛ぶことへの憧れ」を持つとのこと。

よって今週はヒロインがライフワークに目覚める重要な週になるかと思います。

将来へのフラグが随所に立つことが予想される第2週、ヒロインの行動や言葉を注意深く観察したいものです。

長崎

第1週の舞台は東大阪。

第2週の舞台は長崎の五島。

次週は再び舞台は東大阪に戻るので、今週から長崎編というわけではなさそう。

しかし、本作の制作発表時にアナウンスされたストーリーによれば、成長した舞ちゃんはパイロットを目指す過程で、電動小型飛行機づくりに参加。

その電動小型飛行機は長崎の五島列島を行き来するためのものだそうで、長崎が再び舞台になるものと思われます。

今週登場する長崎の人々や長崎でのエピソードをしっかりと記憶に刻み込んでおこうと思います。

長崎の人々

長崎の人々は、どんな人たちなのか、簡単にまとめておきます。

まずはヒロインのそぼ・祥子さん。

すでに亡くなっているご主人、すなわちヒロインの祖父は漁師でした。

ご主人の漁船を祥子さんが引き継いでいるので、祥子さんも漁師なのかもしれません。

祥子さんはジャムも作っているようで、そのジャムの卸先の一つはお土産屋さん。

そのお土産屋さんの店員・さくらさんは祥子さんのお友達。

また、ヒロインの母・めぐみさんの同級生の男性が登場。

めぐみさんの同級生として登場する人物が、同性ではなく異性であることが気になります。

その男性はめぐみさんにフラれた過去がある。

そんな設定があるのかもしれません。

長崎の人々が、この先、どのようにからんでくるのかはわかりません。

しかし、それぞれの登場人物たちの過去までしっかりと設定されているので、今後も重要なキャラとして登場するものと思われます。

前作のように、短期間の登場だけで消えていなくなるようなことがありませんように。

<<前週 第1週 | 次週 第3週>>
舞いあがれ!|感想あらすじネタバレトップページ

コメントを残す