カムカムエヴリバディ

こわもての田中が姿表す / カムカムエヴリバディ 第41回

2021年12月27日(月)第9週「1962」

あらすじ

るいはクリーニングの仕事が好きになりました。預かった洗濯物がきれいになる度に、るいは自分の忘れたい過去がきれになってゆくような気がしました。るいは、少しづつ気持ちが未来に向かうようになってきました。

ある日「宇宙人」が再び店にやって来ました。そして、大量の洗濯物を引き取ると、再び大量の洗濯物を置いてゆきました。その洗濯物もまた、同じ場所に汚れがついていました。しかし「宇宙人」の正体はわからないままでした。

一方、見るからに堅実そうな片桐というの名の客がるいに強い印象を与えました。るいは、片桐のことが気になり始めました。そして、片桐が洗濯物を引き取りに来る日、るいは華やかなブラウスに身を包み、片桐の来店を迎えようとしました。

そんな中、田中を名乗るこわもての男が店にクレームをつけに来ました。田中は慰謝料を請求。困りはてているるいの窮地を救ったのは片桐でした。弁護士の卵の片桐は田中を問い詰め、店から追い出すことに成功するのでした。

<<前回40回 | 次回42回>>

第9週 | 第10週 | 第11週
第12週以降の最新情報
カムカムエヴリバディ|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

まさかの人物が再登場します。

かつて算太くんの借金の取り立てに岡山の「たちばな」までやって来た「こわもての田中」が再び姿をあらわします。

ブログ主は「こわもての田中」というキャラクターの活躍を放送開始前から楽しみしていました。

だから、あっけにとられるほどわずかな登場だけで終わってしまったことに落胆していました。

ところが「こわもての田中」の出番はまだ用意されていました!(祝)

大阪で再登場した「こわもての田中」が、戦前の「たちばな」とつながってくるのかどうかは今のところ不明です。

しかし「こわもての田中」の再登場によって、ブログ主が期待していることがあります。

大阪編での算太くんの再登場です。

「たちばな」の再建資金を持ち逃げした算太くん。

そのお金はすでに使い果たしていることは十分に考えられます。

さらに、再び借金を抱えていることも考えられます。

借金を抱えた算太くんが、変なおじさんとしてるいちゃんの前に再登場する。

そのフラグが「こわもての田中」の再登場かな?とブログ主は期待しています。

Sponsored Link



感想

『善女のパン』の残念な結末

るいちゃんの恋バナが始まりました。

るいちゃんはオー・ヘンリーの短編小説『善女のパン』の主人公・マーシャの恋心に、自分の気持ちを重ね合わせました。

しかし・・・

『善女のパン』の主人公・マーシャの恋は残念な結末を迎えてしまいます。

今回のドラマの中で語られたマーシャの物語。

マーシャは、いつも古くなった安いパンを買いに来る男性は貧しい画家に違いないと思いました。

そして、その男性が来る日に、マーシャはいつもよりきれいな服に身を包み、その男性に気づかれないように、バターを塗った美味しいパンを手渡しました。

そのマーシャの好意があだになります。

その男性は設計士でした。

そして、新しい市役所の建設プロジェクトに応募するための図面の修正でインクを消すために、古いパンを使っていたのです。

なので、マーシャがパンにバターを塗ったことで、図面が完成を目前にして使い物にならなくなる。

そんな結末を迎えるのが『善女のパン』です。

るいちゃんの片桐くんへの恋心の悲しい結末を暗示しているようで心配です。

追伸:そして、あのこわもての田中の再登場が、るいちゃんの恋心をより強くする役割を持っていたとは・・・(笑)

片桐くんと宇宙人の対比

るいちゃんは、片桐くんに好印象を持つその一方で、再びやって来た宇宙人に対して、一瞬だけいら立ちすら覚えました。

朝ドラの恋バナの定番の展開では、第一印象が悪い方に軍配が上がります。

よい印象しかない片桐くんという存在によって、あまり良くない印象が強調されてしまった宇宙人。

これは、宇宙人が恋バナの相手になることの暗示なのでしょうか。

<<前回40回 | 次回42回>>

第9週 | 第10週 | 第11週
第12週以降の最新情報
カムカムエヴリバディ|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. 名乗る程の者ではございません より:

    背景や理由は当然違えど、るいさんが顔のキズを残したのはエメラルダスと同じく戒めの意図があったんだと個人的には思うんだ
    エメラルダスって知っている人はさすがに減ったかな?メーテルはまだ知名度高いと思うんだけど・・・

  2. よるは去った より:

    春彦「いくらですか・・・・・・・・。」
    るい「40円です・・・・・・・・。」

     ワイシャツ一枚のクリーニング代が40円。
     サラリーマンの初任給はいくらだったのでしょう。

  3. 秋桜おばさん より:

    岡山では、心の傷を引きずりながら居心地のあまり良くない雉真家での毎日で、恋とは縁遠い生活だったんでしょうね。
    大阪に来て、竹村ご夫妻の明るさで家庭の温もりを感じ、固く閉じられた心が少しずつほぐれてきて、そういうタイミングでの恋バナ。
    うまく行くかどうかはさておき、普通の女の子として日々過ごしていることに安堵です。

  4. みかんの皮 より:

    こわもての田中❗️「ちりとてちん」に一瞬だけ登場する「あわれの田中?」、役名は忘れましたが。ヒロインに泣きの競争で負ける借金取り‼️
    脚本の藤本さんのお遊びが嬉しいです。徳井優さんは朝ドラの名脇役ですね!

    オーヘンリーの物語は高校の英語のテキストで読みました。それで初めて、パンがそんなふうに使われることを知りました。懐かしい❗️

    るいちゃん篇、だいぶテイストが変わってきたかな。それもまた楽しみです。
    オダジョー、警察犬の着ぐるみ役?😆最近ぶっとんでるNHK ならやりかねないかも。

  5. 丹善人 より:

    クリーニング屋っていろいろな人がやって来るのには違いないが、
    人物登場が唐突すぎます。宇宙人のような特殊な人なら印象に残りますが、
    風間君の登場は無理がありすぎるような。
    やっぱり新しいドラマにはついていけそうにない。

  6. オペラ座の怪人 より:

    徳井優さんって、カムカムに、
    前も借金取りで、出てた?

    弁護士の卵さんが
    ワイシャツ1枚のクリーニング代40円と聞いて、
    お札を出して、
    お釣りがコインだった、っちゅうことは
    千円札を出したというより、
    噂に聞く百円札とか5百円札とか?

    で、オダギリジョーさんのクリーニング代が
    2,040円? えらく高いような気がしますなあ。
    ポケットの小物って、金管楽器のマウスピース?
    ジャズマン、かしら?

    今日はとっても平和な回でした。

    ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  7. 還暦のたつお より:

     「洗濯物の数だけ人生がある。」けだし名言です。あっ、Оヘンリーの、バター付きパンの悲喜劇。題名忘れた。徳井さんまるで池野めだか師匠。こわもてだけど小物感半端ない。片桐氏かなり有能そう。でもこの人とるいさんは結ばれないだろうな。あくまでも私の個人的印象です。悪しからず。

  8. H.Sakigake4th より:

    こわもての田中、再登場!
    ワンポイントの登場でインパクトと転換点を作ってくれます。
    第一部では算太の絶縁でマイナス。第二部は新たな出会いでプラス。
    ひなた編ではどっちに転ぶのか?

    私の予想ではるいの夫は春彦さんだと思ってます。
    まず某宇宙人は時代劇には造詣がなさそうなので予想から外しています(笑)
    また算太の再登場が予想されることでそのトラブルに入るものと思われます。

    後に独立して京都に法律事務所を構えて、その間にひなたが生まれるのでは?

    そんな拙い予想をしています。

    • ひろ より:

      sakigake4th様初めまして。
      私もこのドラマを視聴しております。先週の安子とるいの別れは衝撃的でした。
      私も、るいの将来の夫は、弁護士の卵の春彦さんかなぁと思います。2人が結婚して、春彦さんが独立して事務所を立ち上げる。そして、三代目ヒロイン、ひなたと弟の桃太郎を設ける。更には、春彦さんが弁護士の力を活かして、アメリカにいる安子を捜索して見つけ出す。再会させるというのはどうでしょうか?笑
      最後は安子とるいの2人を和解させて欲しいです。

丹善人 へ返信する コメントをキャンセル