カムカムエヴリバディ

大阪に帰ってくる錠一郎 / カムカムエヴリバディ 第57回

2022年1月21日(金)第12週「1963−1964」

あらすじ

錠一郎のレコーディングとコンサートがすべて延期になった。トミーからその知らせを聞いたるいは、不安に駆られながら錠一郎に手紙を書きました。そして、何通も手紙を出し続けても錠一郎からの返事はありませんでした。

その頃、錠一郎はトランペットの演奏のときだけ身体が動かなくなる状態に悩まされていました。病院で診察を受けても原因は判明しませんでした。レコーディングとコンサートの延期で大きな損失を出したことで笹川は激怒していました。

一方、トミーはバンド仲間から錠一郎の噂を聞いていました。錠一郎は奈々と度々一緒に出かけている。そのことが笹川を激怒させてしまったようだと。トミーがベリーに語ったその噂は、その場にやって来たるいの耳にも入ってしまいました。

そんな中、笹川に見限られた錠一郎が大阪に帰ってきました。錠一郎とるいは再会。しかしそのとき、奈々が姿をあらわしました。るいに噂のことを尋ねられた錠一郎は、その噂は本当だ。自分は奈々のことが好きになったとるいに告げるのでした。

<<前回56回 | 次回58回>>

第12週 | 第13週 | 第14週
第15週以降の最新情報
カムカムエヴリバディ|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

ジョーのレコーディングもコンサートもすべて延期になりました。

つまりメジャーデビューが延期、またはお流れになったということです。

メジャーデビューの延期が決まるまでの経緯や理由はまだ明らかにされていません。

一つだけ明らかになっていること。

それは、ジョーが東京から大阪に帰ってきてしまうことです。

トミーみたいな、メジャーデビューに対して強い願望を持っているようなタイプが、こんなトラブルに巻き込まれたら心配せずにはいられません。

しかしジョーは、メジャーデビューに対してそれほど執着心を持っているとは思えない。

いつもどおりのひょうひょうとした表情で、いつの間にか大阪に戻ってくるような気がします。

というか、そうあってほしいです。

というわけでメジャーデビューのチャンスがお流れになってしまったジョー。

この先、るいちゃんとどのような道を歩むことになるのでしょうか。

Sponsored Link



感想

ジョーと奈々ちゃんの浮気疑惑は、視聴者の視線では完全に解消されたものの、劇中のるいちゃんは絶望の淵に突き落とされたまま第12週が終わりました。

よく出来た浮気疑惑

実によく出来た浮気疑惑です。

トミーが語ったところによれば・・・

ジョーと奈々ちゃんは、繰り返し一緒にどこかに出かけている。

ジョーと奈々ちゃんは交際しているらしい。

そして、そのことが笹川社長を激怒させてしまったと。

ジョーと奈々ちゃんが一緒に出かけているのは事実です。

奈々ちゃんはジョーを方々の病院に連れまわっているので。

笹川社長が激怒しているのもまた事実。

これら二つの事実を憶測でつなげた「交際」という噂が一人歩きをはじめたようです。

ネタバレあり:浮気疑惑のつづき

浮気疑惑は次週に持ち越されました。

次週の月曜日は浮気疑惑の騒動の中でスタートするのでしょう。

次週は、ジョーと奈々ちゃんが「一緒に出かける」場面をトミーが目撃するのだとか。

そして、耳にした噂は本当のことかもしれないと疑ったトミーがジョーを問い詰める。

そんな展開が用意されています。

エグい展開になってしまいましたが、意外にも奈々ちゃんがプロ意識の高い立派な女性であることがわかったことが救いでした。

ベリーの心配は杞憂に終わりました。

ジョーの東京での様子やデビューが延期された理由を、奈々ちゃんがしっかりと木暮さんに伝えてくれるといいのですが。

そして、木暮さんからるいちゃんやトミーに真実が伝わるといいのですが。

ネタバレあり:浮気疑惑のその後

ジョーはプロのトランペッターの道は断念。

しかし、不器用なジョーはトランペット以外に何ひとつ得意なことはない。

だから、ジョーができる仕事が見つからない。

次週の金曜日は、そんなことになるようです。

疑惑のトンネルを通り抜けたその向こう側にも、困難が待ち受けているようです。

次週予告映像

ついにるいちゃんが「小豆の声を聴け」というあのおまじないを!

https://www.youtube.com/watch?v=vs0xQqW4uVI

<<前回56回 | 次回58回>>

第12週 | 第13週 | 第14週
第15週以降の最新情報
カムカムエヴリバディ|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. 還暦のたつお より:

    PS.「スカーレット」と言えば大島優子、林遣都夫妻も忘れちゃいけなかったな。他に誰かいたかな?

  2. 還暦のたつお より:

    笑わせて、泣かせて、絶望させて、今週もアップダウンの激しい回の連続。まるでクリフハンガー。面白いのですがこうなると「スカーレット」のゆっくりした展開が懐かしい。名乗る程ではございません 様のミッコーの火鉢についての記述で思い出しました。関係ないけど戸田恵梨香、松坂桃李夫妻って作品こそずれているけど大阪制作朝ドラ夫妻ですね、別の作品で共演して離婚しちゃった夫婦もいるけど。

  3. たいとうみほ より:

    るいちゃんがジョーとの深入りを恐れたのは額の傷ゆえ、「好きな人にはきれいな自分を見せたかった」からでしょう。同じようにジョーも、好きな人にはカッコいい自分を見せたかった。際立ったものがないと相手に受け入れてもらえないとの思い込み、誰にも今の時代にもある事で、すごく心が痛みました。

  4. 名乗る程の者ではございません より:

    予告編で白黒テレビのブラウン管に映っている番組は「てなもんや三度笠」だよね?
    さすがに公共放送で「あたりまえだのクラッカー」は使えないか・・・
    藤田まことさんの出世作、中村主水を演じるのはまだ少し先、安岡刑事を演じるのはまだまだ先

  5. 重信六三郎 より:

     ジョーさん、昨日の回で少しだけならピアノを弾ける、と言っていたので…、

     楽器全般が駄目なのでは無く、トランペットが吹けなくなっただけなら、ピアニストの道もあったかも…。

     社長令嬢の奈々さん、ベリーさんが心配していたような貪欲にジョーさんを狙うような人ではなく、心底ジョーさんを心配して親身になってくれていて一安心です…。

     寧ろ笹川社長の方が、所属アーティストを駒としか思っていない、金儲けのみに貪欲な人だったとは…。

     佐川満男さんがこれまで朝ドラで演じていた社長とは真逆な性格の社長ですね…。

     笹川社長と奈々さん、初めて見た時は人情に篤い社長と我が儘なお嬢様かと思いましたが、逆だったようですね…。

  6. オペラ座の怪人 より:

    無言電話は良くないぞ、ジョー。

    佐々木希ちゃんとは切れたと思ったら、
    佐々木希ちゃんが切れなかったか~!?

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  7. H.Sakigake4th より:

    ひなた編のスタートが思ったよりかなり前倒しのように思います…。
    全112話のうち約60話で第3部スタート。
    ひなた編で五十数話はさすがにバランスに欠けてしまうように前から思ってます。

    私の予想では安子編、るい編、ひなた編の全てを繋ぐ「第4部」が最後に10話ほど差し込まれると予想しています。

    これまでの積み残しのフラグを回収しつつ、2025大阪万博で安子とロバートの子孫の語り役の城田さん、100歳の安子、80歳のるい、60歳のひなた、ひなたの娘、さらにその娘が一同に再会。これからもファミリーヒストリーが続いていくというラストを願っています。

    大阪万博でまだ見ぬ家族に会うためにルーツを調べている城田さん目線の物語なのでは?と思っています。

    最終回に近づくにつれて語りの素性も掘り下げられると予想します。

  8. 秋桜おばさん より:

    あー、こういうこじれ方だったんですねー。
    奈々さんが意地悪だったり、ジョーに横恋慕したりする嫌な人でなくて良かった。
    でも、このシチュエーションはマジで誤解しますよね。おまけにジョーの口から「もう終わり」だなんて。
    人の優しさが身に染みて育ってるジョーなのに…るいちゃんがメジャートランペッターの嫁を望んでるんじゃないことはわかってるはずなのに…。
    あぁもうじれったい!
    これで週末突入ですか。月曜が待ち遠しい!

  9. 還暦のたつお より:

     るいさん、ここは無理してもジョーさんと定期的に連絡をとるべきでした。異変に気付いてからでは手遅れなのでは。ジョーさんのペットの音、確かにひどい、まるでチャルメラ。笹川社長激怒。春までの猶予期間。間に合いそうもない。令嬢と通院、誤解を招く。ただ令嬢の気持ち、同情が愛に変わる?うーんまさに都落ちのジョーさん。恐らく彼は二度とペットを吹けない体になってしまったのでは。最悪のタイミングでの再会。るいさんに、別れを切り出すジョーさん。でも本心ではないと思いたい。来週事態が急展開の予感。

  10. H.Sakigake4th より:

    おそらくジョーの病気は職業性ジストニアでしょう。
    音楽家が楽器が弾けなくなる。そんな病気です。
    今作の音楽担当の金子隆博さんも発症してサックスが吹けなくなってしまいました。

    ジョーよ…。るいとのつながりが音楽だけだとかそんな狭いことを言うなよ…。
    るいはジョーの人間全てを信じていたのにそんな悲しい嘘をつくんじゃない!
    失意のドン底で気持ちは分かりますが…。

    笹川社長の昭和的な精神論がジョーには合わなかったんでしょうか。そこが原因にもなっている気もします。

  11. よるは去った より:

    錠一郎「ホンマや・・・・・・奈々のことが好きになった・・・・・・・・・・。」

     「ホンマ」でないことは錠一郎君の顔に書いてあるようなもんですね。
     「トランペッター」として挫折と迷いを抱えている自分はるいちゃんには相応しくないという思いでしょう。

  12. 名乗る程の者ではございません より:

    ササキキが良い人役でよかった
    秋田美人はそうでなくっちゃ!

    あの火鉢はやはりアイドル絵付師ミッコー作なんだろうか?

  13. 名乗る程の者ではございません より:

    昨日放送回でジョーさんが演奏していた、ディキシーランドの「ザッツ ア プレンティ」、ジャズではかなり有名な曲みたいですね

    なにゆえ中原めいこさんの「君たちキウイパパイヤマンゴだね」?
    最初に感じたこと、気になりましたので調べまくりました、イントロがホント激似です

  14. ベルクカッツェ より:

    ジョーのメジャーデビューの条件が佐々木希さん演じる芸能事務所のお嬢さんとの結婚とかなんじゃないですかねえ。で、そんな気はないので、あっさりそれを棒に降り大阪に帰る、と。で社長は激怒。みたいな。

  15. 通りすがりの猫 より:

    るいちゃんのダンナ様になるのは誰なのか・・・
    やっぱりジョー?片桐さんがまさかの復活?
    時代劇好きのダンナ様というのでもし片桐さんだとしたら、ジョーは遠くに行ってしまうのかな?
    クリーニング店のラジオから単独ヨットでアメリカをめざす堀江青年のニュースが流れたのは
    日本でプロデビューの見込みがないならアメリカを目指すってこと?
    一緒にアメリカへ・・・というプロポーズに母親の安子ちゃんを思い出して
    るいちゃん、ジョーをあきらめちゃうの・・・?いやだー悲しすぎるよ!
    とまで考えてみました。
    が、大阪の次の舞台は「京都」ですよね。
    60年代~70年代の京都といえば、学生さんが多いこともあって
    有名なジャズ喫茶がいくつもあって、ジャズファンにとってはちょっとしたメッカだったはずです。
    もしかして、プロのミュージシャンではなくて、マスターがトランペットを演奏するジャズ喫茶を
    夫婦で(もちろん、るいちゃんとジョーで)切り盛りしていく、っていう流れ・・・だったりして!
    と勝手な妄想をふくらませています。

ベルクカッツェ へ返信する コメントをキャンセル