おかえりモネ

気仙沼に帰る幼馴染たち / おかえりモネ 第80回

2021年9月3日(金)第16週「若き者たち」

あらすじ

登米では、サヤカから注文を受けた龍己が、電話でサヤカと話をしました。新次のことで考え込む龍己に対してサヤカは言いました。これからの時代を担う若い世代のためにも、まずは自分たちが格好いい生き方をしようと。

一方、東京の汐見湯にやって来た亮、三生、悠人、そして未知の4人が気仙沼に帰る日を迎えました。気仙沼に向けて発つ4人を、百音と明日美は見送りました。別れ際、未知は百音に対して終始無言のままでした。

未知たちが気仙沼に帰った数日後、百音がコインランドリーにいると、そこに菅波が姿をあらわしました。菅波は自分の気持ちを百音に率直に告げました。亮に向き合う百音の姿を見て、心が激しく揺れていたことを。

続けて菅波は言いました。百音の心の傷を自分は受け止めることができる。だから自分を頼りにしてほしいと。百音の心の痛みは自分には分からないが、分りたいと思っている。そして菅波は百音を抱きしめるのでした。

<<前回79回 | 次回81回>>

第16週 | 第17週 | 第18週 | 第19週 | 第20週
おかえりモネ|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

前週から伸びに伸びになっていたモネちゃんと菅波先生のデートの約束。

デートの約束が延期になっていただけでなく、延期の期間中にモネちゃんは亮くんに振り回されていました。

菅波先生は亮くんのことを知っているはずです。

いつだったから、気仙沼から登米までのバスでモネちゃんと菅波先生が一緒になった際、バス停には亮くんがいました。

そして、菅波先生はモネちゃんと亮くんの関係をひどく気にかけていたので。

あの亮くんが、東京のモネちゃんのもとにやって来た。

しかも、モネちゃんは亮くんのことを心配しっぱなし。

菅波先生、動揺しまくるようです。

そして、動揺した菅波先生は、その動揺がトリガーとなって、ついにモネちゃんに対して告白するのではないかとブログ主は予想しています。

Sponsored Link



感想

【祝】モネちゃんと菅波先生

モネちゃんと菅波先生の二人の間の距離がやっとなくなりました。

この日が来るまでずいぶん時間がかかりましたが、次週の二人は「公認のカップル」として登米の心優しい人々に迎えられるはず。

登米の人たちが喜ぶ姿を見るのが待ちきれません。

すべてが少しづつ良い方向に

さて、今回の終わりごろにモネちゃんが菅波先生が言いました。

自分を頼る亮くんを自分は受け入れることを拒んだ、みたいなことを。

さらにそのことでミーちゃんからは冷たいと言われてしまったことも。

あの時のモネちゃんの判断は正しかったと思います。

というか「同情」というカードを使ってモネちゃんの気持ちを引きつけようとした亮くん、戦術ミスかなと(笑)

戦術というのは半分は冗談。

あの時の亮くんは追い詰められていました。

だから戦術ではなく真剣だったんでしょう。

しかし、亮くんを追い詰めてしまった新次さんは耕治さんに約束しました。

息子と今後のことを話し合ってみると。

新次さんが完全に立ち直れるかどうかはまだ分りませんが、亮くんとの関係が改善されることはまず間違いなさそうです。

新次さんと亮くんの関係が修復されれば、亮くんも心の重荷がなくなるはず。

そして亮くんが前向きな気持ちを取り戻せば、その時ようやくミーちゃんにも春が来るかもです。

すべてが少しづつ良い方向に動き出したような気がします。

<<前回79回 | 次回81回>>

第16週 | 第17週 | 第18週 | 第19週 | 第20週
おかえりモネ|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. ねこ。 より:

    りょーちんの目を見て毅然と距離を保てたモネは冷たく見えたかもしれないけど、あそこで断れたモネは逆に優しいしカッコイイと私は思った。
    そーゆーモネだからこそ、りょーちんはモネにだけは本音を言えたし弱いところを見せられたんだよね。
    モネ自身は自覚してなかったかもしれないけど、先日の菅波先生の背中をさすりながら一緒に泣いていた時に既に答えが出ていた…りょーちんには振り回されてもそれ以上は近づかない。
    菅波先生が大人で本当に良かった。逆だったらモネは辛くなってた。ほっとしました。
    それにしても私ずーっとモネが掴んでいた「ずんだ餅」が気になって…餅落とさなかったし握りしめてなかったから潰れてないだろうけど暖かくなってただろうな~と。。。餅の行方が気になっていた。
    りょーちんの時といい、誰も来ないコインランドリーでよかったです(*^-^*)。

  2. たいとうみほ より:

    おめでとう菅波ムード一色の中で敢えて、りょーちんの心境の移り変わりが何とも切ないです。震災直後やモネの帰省時、確か2回は「話聞こうか」「心配ない」とのやり取りがあった。この時のりょーちんは実際には、東京でモネに迫った時の辛さ悲しみとそう変わりはなかったはずで、弱音を吐いちゃいけないしっかりしなきゃいけないと必死に、自分の心底の悲しみを押さえつけていたんでしょう。空気でパンパンの風船を小さい箱に押し込めるようなもので、耐えきれなくなって(トリガーが死亡届云々)破裂して、それまでモネに聞いて欲しくてたまっていた気持ち全部が、りょーちんをモネへの衝動に駆り立ててしまった。悲しいけれど、今ここで破裂してよかったのかもしれません。菅波先生ともっと親密になってからりょーちんが破裂したら、もっと取り返しのつかない事になっていたかもしれません。一方でもっと小さい内に破裂したのが、永浦家の法要から逃げ出した三生で、その分回復も(完全ではないにしても)早かったと思われます。

  3. 丹善人 より:

    昭和のというより、戦前の恋愛ドラマかよ。
    不器用な二人の告白。

  4. オペラ座の怪人 より:

    今、スカ総理退陣の関係で、
    30分遅れで、お昼の再放送が始まったんだけど、
    冒頭の、りょうちんの告白@コインランドリー、
    いやあ、分かりにくいですなあ。

    あれって、絶対、りょうちんは思いを告白して、
    モネに受け入れてもらって、
    その証拠に「チュウ」しちゃおう、って思っていた、
    と思うんだけど(←違うかしら?)

    モネの回答も分かりにくくて、
    言ってみれば、
    「チュウしたいんなら、チュウさせてあげてもいいけど」
    「でも、りょうちんは、それでいいの?」みたいな。

    う~ん、良く分からん。

    ( ̄▽ ̄;)  ( ̄~ ̄;)  ( ̄□ ̄;)!!

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  5. つい しょうこ より:

    夏木マリさんと藤竜也さんであり、サヤカさんと龍巳さんに、今よりカッコいい生き様を見せつけられたら、後に続く我々は目指す前に萎えちゃいますよ。(笑)

  6. オペラ座の怪人 より:

    ああ、ネットでも話題になっているけど、
    菅波先生が、タメ語(っていうんですか?)
    どうしました?じゃなくて、
    どうしたの?

    いやあ、よかった、よかった。

    ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  7. むいむい より:

    「好き」とか「愛してる」とか直接的なセリフでなく、120%気持ちを伝えあった秀逸な脚本だと思いました。

  8. オペラ座の怪人 より:

    東京の、猛烈に忙しいお医者生活と
    登米の、穏やかなお医者生活と、
    どっちを選ぶかは、
    時・運・人生観・家族、等々によりますなあ。

    ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  9. ずんこ より:

    菅波先生
    あの時、モネちゃんに触れることが出来なかった手が、ようやくモネちゃんに届きましたね。

  10. 魁光3号 より:

    日本全国で怪現象。赤飯の消費量が急増の真相。
    (朝ドラplusスポーツ 9/3 8:30)

    謎の現象が起こっている。
    突然日本のスーパーからレトルトや惣菜の赤飯、材料などが一斉に消えてしまったのだ。

    都内スーパーのデリカ担当佐藤さんも「いきなり飛ぶように売れてしまって一体何があったんでしょう?」と困惑顔。

    一方で佐藤さんは惣菜コーナーで奇妙なワードを聞いたという。

    「お客様の会話で『俺たちの菅波』という言葉が口々に出ていて…」

    Twitterをエゴサーチしたところ、9/3放送のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」にて2年半もの長い期間を経て純愛が実った展開が放送された。
    視聴者が衝動に駆られてスーパーに駆け込んでいることが判明した。

    佐藤さんは「次は亮くんと未知さんの交際やモネさんと菅波さんの婚約を見越して十分な在庫を用意したい」と意気込んでいる。

    魁光

  11. 秋桜おばさん より:

    も~~~!!
    朝からキュンキュンしっぱなしです。
    菅波先生、やったね。よく言った!

    心の中はわからないけどすっきりした笑顔のりょーちんと、まだ屈託を抱えたみーちゃん。
    モネちゃんを加えたこれからの関係性に不安は残るけど、菅波先生にりょーちんのことぶつけたみーちゃんはある意味いい仕事したって感じですね。
    嫉妬(ではないと言いつつ)をさせていなかったら、モネちゃんに会いに来ることはなかったでしょうから。
    でも、東京を離れる話をついでのように言うなんて…。2人にとって最重要案件じゃないですか!
    不器用な2人にとって、威力のある起爆剤になって良かったですけど。

    それにしても、場末のコインランドリーとは言え、店内でのハグ、誰も来ないでーーーって思っちゃいましたよ。
    昨日までのハラハラドキドキが、チョーHappyな終わり方で、今週は心穏やかに週末過ごせます(笑)

  12. オペラ座の怪人 より:

    お~い、りょうちん&菅波先生~
    コインランドリーは告白の場所かい!?
    他のお客さんが来るかもしれないぞ!!

    いや、しかし、
    りょうちんも
    菅波先生も
    すっごく分かりにくいし

    モネも、やっぱ、分かりにくいけど、
    結局、菅波先生を選んだ、ってことで良いのかな?

    ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  13. 還暦のたつお より:

    昨日、終盤の展開。りょーちん、モネの間のどうしようもない温度差。そこに勝機をみた、みーちゃんの宣戦布告。
    龍巳さんの疲れ、悪い事の前兆でなければ良いけど。恋人でもなく友人だけどサヤカさんは龍巳さんにとって大きな存在。菅波先生の動揺。嫉妬だとか、焼きもちだとか、単純に言わず自分の内面を掘り下げる。菅波先生の登米行きはモネとの関係を見直して、.再構築するつもりでは、「正しいけど冷たい。」この二人似たもの同士では。「あなたのことをわかりたいと思っています。」と言いつつハグ。愛の告白ですね。.遠距離恋愛始まるのかな?

  14. 魁光3号 より:

    いったあああああああああああああああああ!
    これは交際決定?決定だよなぁ!

    モネにすがったりょーちん。
    モネを分かろうとする菅波くん。

    まだまだモネの心の闇はまだ晴れていない。
    もし晴れていたらりょーちんに靡いていたかもしれません。

    昨日朝蔵様が仰っていたように震災がなかったら、ということになってしまいますね。

    「人の役に立ちたい」というモネならそうなっていたかもです。(恋愛と人助けは別だと考えるべきかもしれませんが…)

    しかし交際決定してもいきなり遠距離ですか…。
    でもお互いを思いやる誠実な2人ですから心配はいらないでしょう!

    PS
    丹善人様。入院生活されていたのは初めて聞きました。
    体調いかがでしょうか?
    無理はなさらず、お身体ご自愛ください!

  15. よるは去った より:

    光太朗「でも分かりたいと思ってます・・・・・・・・・・。」
     
     ん~こういう台詞もいいな。

     

魁光3号 へ返信する コメントをキャンセル