おかえりモネ

気象予報士が目指すこと / おかえりモネ 第70回

2021年8月20日(金)第14週「離れられないもの」

あらすじ

気仙沼に帰る直前になって、耕治が菅波を汐見湯に呼び出しました。菅波をにらみつける耕治は突然頭を下げました。耕治は、百音をよろしくと菅波に頭を下げたのです。思いがけない展開に百音は言葉を失いました。

一方、朝岡は耕治との会話をとおして、気象予報士が目指すべきこととは何なのかを思い出しました。そして、気象予報士として大事なこととは何かを思い出した朝岡は、そのことを百音に伝えました。

気象情報は未来をよくするためにある。そのことを知ってもらうために朝岡はスポーツ気象に専念する決意を固めていました。情報を活用すれば成功を手に入れることができることを、朝岡は多くの人に知らせるつもりでいました。

朝岡のその言葉を聞かされた百音はある決意を固めました。答えを保留にしていた中継キャスターを引き受けることにしたのです。その数日後、未知が汐見湯にやってきました。亜哉子が未知を百音の「偵察」を依頼したのです。

<<前回69回 | 次回71回>>

第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週
第19週 | 第20週
おかえりモネ|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

朝岡さんは、過去に追ったというかなり深刻な心の傷を耕治さんに打ち明けたのを機に、サヤカさんとの出会いのエピソードを思い出しました。

残念ながら、朝岡さんとサヤカさんの出会いの詳細は不明です。

わかっているのは、それが8年前のことということだけです。

心に負った傷を打ち明けた直後に語られるサヤカさんとの出会い。

どうやらその出会いは、朝岡さんの人生にとってとても重要な出会いのようです。

そして、サヤカさんとの出会いによって理解した、気象予報士が目指すこととは何なのか。

今回は朝岡さんの心の傷をとおして、ディープな大人のストーリーが語られることになりそうです。

新次さん、宇多川さん、朝岡さん、大人の男たちの苦悩。

大人の男たちのドラマが大好物のブログ主はワクワクが止まりません。

Sponsored Link



感想

ミーちゃんの「偵察」

ミーちゃんが早くも今回のうちに上京。

亜哉子さんが、モネちゃんの様子の「偵察」をミーちゃんに頼むことは事前に知っていました。

しかし、ミーちゃんはこのところずっとモネちゃんと連絡をとっていません。

モネちゃんから連絡が来ても返信すらしていない状況です。

姉妹間がギクシャクしている中、亜哉子さんからの頼みをミーちゃんはどんな顔をして引き受けるのかと心配していたのですが・・・

亜哉子さんがミーちゃんに「偵察」を依頼する場面は省略。

そしてミーちゃんはモネちゃんとの再会を喜んでいる様子でした。

最初は違和感を感じましたが、よくよく考えてみるとミーちゃんはモネちゃんに関してとても気がかりなことが解決したわけです。

「偵察」を頼まれる状況

ミーちゃんがモネちゃんに対して複雑な感情を抱くようになった原因の一つに亮くんのことがあります。

ミーちゃんは亮くんのことが好き。

でも亮くんは振り向いてくれない。

それどころか亮くんはミーちゃんには言わないことを、モネちゃんにだけは言っているらしい。

ミーちゃんは、モネちゃんと亮くんの関係が心配でした。

しかし「偵察」を頼まれる状況になって、ミーちゃんの心配ごとは解決したはずです。

モネちゃんと亮くんの間は、もう何もない。

その安心感があるので、ミーちゃんはモネちゃんとの再会を素直に喜ぶことができたのでしょうか。

<<前回69回 | 次回71回>>

第14週 | 第15週 | 第16週 | 第17週 | 第18週
第19週 | 第20週
おかえりモネ|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. たい より:

    このプログ主の感想は鋭い!
    ミーちゃんが素直に東京に上京してきた経緯についてここまで考えが及びませんでしたが、言われてみればその通りと感心しました!さすがです。

  2. ずんこ より:

    ミーちゃんを偵察に行かせたのは、モネちゃんと菅波先生のことが気になるのもあるでしょうが、ここのところ仕事漬けで根を詰めすぎているミーちゃんを仕事から離れさせ少し息抜きさせようという親心なのかもしれませんね。

  3. オペラ座の怪人 より:

    今日は前半が、また重たくって、
    娘の彼氏?に、挨拶するなら、
    自分の方から、行くべきだろう、
    みたいに思っちゃった。

    最後、モネの画面デビューか?
    それとも、それは来週に持ち越しか?
    もう、父・母の対話シーンなんかで
    時間取るなよ~と思っていたら、
    母「もう1人、偵察に行かせよう」って、
    え!?

    みーちゃん、東京に現る!!!
    「お姉ちゃん、ずるい」ってこともあったけど、
    久々にお姉ちゃんに会える喜び?
    それとも、母から聞いたんのか?

    聞いたんだろうな「お姉ちゃんに、いい人がいるらしいの」
    「みーちゃん、東京に、偵察に行ってくれない?」
    そりゃあ、みーちゃん、二重の意味でうれしいだろうね。

    ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ ヽ( ̄▽ ̄)ノ

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  4. 還暦のたつお より:

     菅波先生、いつの間にか、正式に彼氏になっている?耕治さん顔が怖い。からの頭の下げて。菅波先生の返事プロポーズにも取れるぞ。登米の人達が知ったら大騒ぎだぞ。サヤカさんの言葉で朝岡さんの重荷が軽くなりました。予報士としての目標が見えてきました。気象予報はハッピーエンドへの近道?遂にモネ。未来に向けて一歩踏み出す。ちょっといい感じの人。母親の分析は冷静です。偵察要員みーちゃん出撃。果たして?

  5. 魁光3号 より:

    いつしか「ド新人の空回り」状態になっていたのは朝岡さんの方でした。

    本来気象予報は受け手に有益な情報を与え、より天気に対して興味を持ってもらう為のもの。
    そこを失ってしまえば、ただの恐怖感の植え付けです。

    気象予報のあり方を再認識したモネは結果として朝岡さんと耕治さんのやり取りがきっかけで中継キャスターを引き受けましたが、案の定耕治さんはテレビを新調して俄然前のめりに…。
    菅波くんに対しても前のめりで安定のかき回し役になってますね(笑)

  6. よるは去った より:

    祐太朗「僕ができる限りのことはするつもりです・・・・・・・・。」

     これはいろんな意味に解釈できますねえ。

たい へ返信する コメントをキャンセル