カムカムエヴリバディ

算太を探しに安子大阪へ / カムカムエヴリバディ 第38回

2021年12月22日(水)第8週「1951−1962」

あらすじ

算太を探すために大阪にやってきた安子は過労で倒れてしまいました。そして安子が目を覚ますと、安子のそばにはロバートがいました。ロバートは倒れた安子を介抱していたのです。安子が目を覚ましたその日は、るいの小学校の入学式でした。

その頃、るいは朝早くに雉真家を抜け出すと、安子を探しに一人で大阪に駆けつけていました。そして、るいが安子の姿を見つけたその時、安子はロバートに抱擁されていました。その姿を目撃したるいはショックを受け、雨の中を駆け出して行きました。

一方、雉真家に電話をした安子は、るいがいなくなったことを千吉から知らされました。雉真家の人々やきぬたちがるいを探す中、大阪から汽車で戻ったるいが警察に保護されました。るいは無事に雉真家に戻ることができました。

土砂降りの雨の中、安子はようやく雉真家にたどり着きました。しかし、雉真家から出てきたるいは、安子に言い放ちました。「もう会いたくない。I hate you」と。絶望した安子はロバートに身を委ね、アメリカに連れて行って欲しいと告げるのでした。

<<前回37回 | 次回39回>>

第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週
第12週以降の最新情報
カムカムエヴリバディ|感想あらすじネタバレトップページ

Sponsored Link

予習レビュー

算太くんが「たちばな」の再建資金を持ち逃げした大阪に向かったという情報がどこかから入るのでしょうか。

安子ちゃんは大阪に足を運びます。

しかし、算太くんは見つからず。

そして、過労で倒れた安子ちゃんをロバートが助ける。

今回のストーリーで判明しているのはここまでですが、この先でまさかの展開が用意されているかと思います。

何故なら・・・

初代ヒロイン安子編は今回が最後。

次回から二代目ヒロインるい編になるからです。

今回、安子ちゃんとるいちゃんの別れが描かれるのかもしれません。

年末近くになって、かなりつらい場面を観ることになりそうです。

Sponsored Link



感想

初代ヒロイン・安子編が終わりました。

制作発表時にアナウンスされていた安子ちゃんの「渡米」は、絶望した安子ちゃんがロバートに身を委ね、アメリカに連れて行って欲しいと告げることで暗示。

安子ちゃんの渡米よりも、安子ちゃんとるいちゃんの関係が壊れてしまうまでの描写に重きが置かれる「最終回」となりました。

また「最終回」では、今後のフラグめいたものがいくつか立っていました。

きぬちゃんが出産

安子ちゃんとるいちゃんの関係が壊れてしまったその日に、きぬちゃんが出産しました。

きぬちゃんの子供が、この先の展開の中で登場するかどうかはわかりません。

しかし、安子ちゃんとるいちゃんの関係が壊れてしまった日に生まれたことに、深い理由があるような気がします。

雪衣ちゃんは妊娠?

吐き気をもよおす雪衣ちゃん。

これはもしかすると勇くんの子供を授かったということか?

安子ちゃんとるいちゃんの関係が壊れてしまった日に妊娠のサインが出たということ、これもまた何らかの形で回収されるような気がします。

るいちゃんのおでこの傷は心の傷のシンボルに?

これまで、るいちゃんがおでこの傷を気にするような描写はありませんでした。

いつも、おでこに傷などないように振る舞っていました。

実際に、周囲の大人が心配するほど気にはしていなかったのでしょう。

しかし、そのおでこの傷がるいちゃんにとって大きな意味を持つことになったようです。

おでこの傷をお母さんに見せながら「もう会いたくない。I hate you」と言い放ったるいちゃん。

おでこの傷は、るいちゃんの心の傷と等しくなってしまったようです。

成長したるいちゃん

時は流れて、るいちゃんは成長しました。

安子ちゃんがその後どうなったのか。

安子ちゃんとるいちゃんの関係がその後どうなったのかは一切描かれないまま。

さて、以下はブログ主の予想です。

勇くんとるいちゃんが黒服に身を包んでいたのは、千吉さんが亡くなったのかもしれません。

予告映像の中で、千吉さんが病床に横たわっているらしい映像があったので。

そして、千吉さんの死が、るいちゃんの人生が動き出すきっかけになるのかもしれません。

ブログ主の推測

安子ちゃんとるいちゃんの決別後、雉真家では安子ちゃんの話題を出すことはタブーになってしまったことが考えられます。

るいちゃんは間違いなくお母さんの話題には触れたがらないはず。

そんなるいちゃんの気持ちを察して、心優しい雉真家の面々は安子ちゃんのことに触れないようにしていたことが考えられます。

そんな中で、るいちゃんはお母さんの記憶を心の奥に封印してしまうのかも。

さて、年明けの放送で、るいちゃんがお母さんの記憶を呼び起こされる場面があります。

その時、るいちゃんは忘れていた過去を取り戻す、前を向いて生きてゆこうと決意するのだとか。

そのあたりから、安子ちゃんとるいちゃんの壊れた関係が回収される物語が始まるのかもしれません。

<<前回37回 | 次回39回>>

第8週 | 第9週 | 第10週 | 第11週
第12週以降の最新情報
カムカムエヴリバディ|感想あらすじネタバレトップページ

POSTED COMMENT

  1. ポン太 より:

    ロバートが帰国した事で安子も渡米したとみんな思いこんでいるだけで、実は”安子は日本にいる”。算太はこの時大阪には行っておらず、”おはぎ少年とたちばなを立て直し、ひなたの時代には創業何十年で存在している”…そう思いたい。

  2. ろく より:

    雪衣さんと勇ちゃん、あの夜以前から既にそういう関係だったのかも…と思ってしまいました。やけに雪衣さんが勇ちゃんに対して馴れ馴れしいのが、ちょっと気にかかってたんです。時間は流れて、勇ちゃんとるいちゃんがキャッチボールしながらああいった話をできる関係なのが救いですかね。黙って家を出て行くのは悲し過ぎますもんね。

  3. 名乗る程の者ではございません より:

    ヘイトという単語はどのように知ったのか?
    それ以前に5歳ぐらいならドントライクやディスライクという感情はあってもヘイトという感情自体があるものだろうか?
    なんかすごく気になった・・・

  4. Nagi より:

    雪衣さん、妊娠?
    勇ちゃんと一夜を過ごしてから数日しか経っていないと思うのです、つわりだとしたら早すぎます(笑)

  5. 元気 より:

    安子はアメリカに渡った後も、手紙をるいに書いてたと思います。
    それを千吉さんが隠していたのではと予測します。
    大人になったるいと安子が出会うことはないけど、(深津さんと上白石さんの年齢からして無理がありますよね?)、るいの異父兄弟が将来日本に会いにくるってことは考えられそうですよね。
    あるいはどなたか別の俳優さんが安子を演じるのでは?
    宮崎美子さんあたり、どうでしょう?

  6. オペラ座の怪人 より:

    ネットで見ると、皆様のコメント、
    えらいことになっていますなあ。

    まあ、元はと言えば、
    雪衣が「るいちゃんを雉真にお返しに」なんて、
    いい加減なことを言ったのが、るいちゃんの心に残っていて(1)

    次に、安子お母さんが、離れ離れになるってことを言って(2)

    その後、ロバートとのラブシーンを見ちゃって(3)

    1+2+3=安子お母さんは私(るい)を捨てて、
    アメリカ人と結婚するんだ! みたいに思っちって、
    それまで全く気にしていなかった額(ひたい)の傷も気になって、
    「I hate you」って言っちったのかな、と。

    1+2+3には、真実もあれば、誤解もあるように思います。
    今日の最後、深津さん登場。
    とても10代には見えんかったわ~

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  7. 朝ドラ大好きT より:

    失意の中、アメリカに行った安子は、しばらく何も手につかなかったが、ロバートの勧めでおはぎを作る。やがて、安子のおはぎはアメリカの人達にも受け入れられ、お店を出す。利益はるいに送られる。それを勇が大きくなったるいに渡す。きぬちゃんや、ディッパーマウスのマスターから、どれだけ大切にるいちゃんを育てたか聞く。。。せめて、こういう展開がこの先にあったらいいな。

  8. ふーさん より:

    衝撃の最終回でしたね。シーズン2が始まるのでこれも楽しみ。最終的にどう回収するのかな。

  9. とことこ より:

    雪衣さんのつわり?の原因は勇じゃないのでは?
    いくら何でも早すぎる。
    6歳のるいにあの場面はきつかったですね。離れて暮らすことを伝えられ、その上ですから。
    続く未来で親子がどこかで理解しあうことが
    出来ますように。
    辛いニュースの中なので、尚更願います。

  10. 丹善人 より:

    安子、全面的にアンタが悪い。
    どうして大事な場面で、いつもるいを置いてけぼりにするのか。
    二人で生きていこうと一度は決めたのなら、しっかり説明し、
    時間をかけて関係を築かないといけないのに。結局は自分のこと
    しか考えていないツケが回ってきただけ。

  11. オペラ座の怪人 より:

    世良公則さんの息子ちゃん、帰ってきたか~
    記憶喪失になっていました、みたいな理由?

    小学校入学式の日に、1人で大阪に行っちゃうなんて、
    いくら、昔住んでいたとはいえ、
    すごい行動力だ、るいちゃん、
    お金は?

    しかし、多分、昔住んでいた家?で、
    ママとロバートのラブシーンを見て、
    それで、一発で、ママを嫌いになっちったの?

    あれから10年?20年?
    深津さん登場。
    明日はどうなる?

    (-A-) (-A-) (-A-) ← ざっくぅ

    おしまい

  12. 還暦のたつお より:

    汽車に乗るるいちゃん。安子の幻想?現実?「なんでそねいな事に?」でもこの事態を招いたのは、安子さんあなたのせいでもあります。弱った所へロバートからのプロポーズ。ちょっと卑怯な気も。最悪なタイミングできぬちゃん産気付き。きぬちゃん無事出産。えっ定一さんの息子生還?夢じゃないよね。ここで雪衣さんのるいちゃんへの洗脳がきいてきた。新しい生命の誕生と親子の別れが同時に。作劇法としてはあざといが実に効果的。結局大方に予想通り
    唯一、味方になってくれたロバートとともに安子さんアメリカへ。タイトル、テーマソングののち成長したるいの姿。みんなどう変わったのか?

     

  13. H.Sakigake4th より:

    ああ〜。ここをるいが見てしまったか〜!
    これは決定打すぎます。安子が裏切ってアメリカに持っていかれて恨んでしまうのもよくわかります。

    まさか雉真の門を閉ざしてしまうラスボスが美都里さんでもなく雪衣さんでもなくるいだとは…。あまりにも悲惨すぎます。あまりにも救われません…。

    途中から独りよがりとなりあまりにも視野が狭くなってしまっていた安子。
    一番大事なものは何か?
    るいが大事だとは言いながらも結果としてるいを傷つけてしまったことが全て自分に返ってきてしまった…。

    さぁいよいよ深津さんの出番です!
    情報量が多すぎる今日のフラグは全て積み残しとなりました。

    朝ドラでここまでみんなが幸せにならない区切りは初めてじゃないでしょうか?
    エンドカードにもありましたが、皆が日向の道を歩んで欲しい。そう祈っています。

  14. ポン太 より:

    この回だけで安子編の全てを回収するのは難しいかもね。

元気 へ返信する コメントをキャンセル